「足の速い人っていいですねえ」-4月27日阪神vs巨人

阪神、今季初のサヨナラ勝ち!!
9回裏、土壇場の赤星の同点内野安打にシビレていたら、解説の真弓がつぶやいた。
「足の速い人っていいですねえ」

!!真弓だって十分速かったじゃない!そんな人ごとみたいに言うことないって!!
でも、足の速い人は本当にいい。あれはまさしく赤星だからこそのセーフ。

登板2試合目の能見は1試合目と全く同じオーダーの3人と対戦。ちょっとした珍記録だ。今のところ文句なしのキレと球威だけど、ランナー出したときにどうなるかが問題。
真弓も言っていたが、9回裏の関本のバントは本当にすばらしかった。胸のすくバントってそうそう見られるもんじゃない。関本にぜひともあっぱれいきましょう!

その解説を聞いていると、真弓という人は本当に冷静だと思う。かつ、いつもポジティブ。物の見方が温かい。決して選手を見放さない姿勢に接するたびに“入閣してよ~”と思うけど、ま、いろいろあるんでしょう。
冷静でありながらドライではなく、ベースの熱さを感じさせながらも“鼻息の荒さ”とは無縁の真弓明信。走攻守そろった名選手だった彼は、現在、私には内容・声質・口調のいずれも言うことなしの名解説者だ。次回の担当を楽しみにしています。

"「足の速い人っていいですねえ」-4月27日阪神vs巨人" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント