敵は相手チームのみにあらず-9月11日広島vs阪神

球審にストライクをボールと言われたらどうしようもありません。
どちらのチームに対してもおかしな判定だったらまだしも、あそこまで偏った判定で、あそこまで明らかなストライクがボールでは……。

能見は喜怒哀楽を表す選手ではありません。その彼がマウンドにひざを落とした光景は忘れることができないでしょう。

能見、この悔しさを忘れないで。
申し訳ないという気持ち以上に、悔しい思いを忘れないで。

"敵は相手チームのみにあらず-9月11日広島vs阪神" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント