お気楽観戦…?-9月9日オリックスvs日本ハム

せっかくオンエアしてるから小笠原道大をチェックするかとテレビをつける。勝敗についてはどっちでもいいということで気楽に見るつもりだったんだけど……

小笠原の打球がドームの天井に挟まって落ちてこない。おお、これは珍しいシーンを見ることができました。
……打球が天井に当たって、変な間の後ポトリと二遊間だか三遊間に落ちたのは、能見が1軍最後の登板となったときだったか。嫌なヒットだった。交代を告げられ天井を見つめていた目が忘れられない。

6回には双方に死球が。
……ソフトバンクとの交流戦、金本への内角攻めが執拗に繰り返される。私は内角攻めに関しては寛容な方だが、はっきり言える、あれはひどすぎると。

金本の打席のたびに頭に血が上ったが、熱さを通り越して全身ゾッとしたのは松中に対して能見の球が頭の近くにいったときだ。直前に金本の打席があり、険悪な空気がまだ残っている中でのこと。乱闘騒ぎに“おっとり刀で駆けつける”はよくあるにしても、こういう形での戦いへの参加が能見にも降りかかってくるのかと、度を越したやり方への嫌悪感を新たにさせられた一瞬だった。
それにしても、あれ、ぶつかんなくてホントによかった。

パ・リーグの試合見てるときぐらい能見篤史は、阪神は置いておけよって、それができないのがファンなんです。

"お気楽観戦…?-9月9日オリックスvs日本ハム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント