「10番街の殺人」byベンチャーズ 

先日の新聞広告で、ベンチャーズになんとなんと「10番街の殺人」というタイトルの曲があると初めて知り、鳥肌禁じ得ず!!

一体どんな曲なんだろう。R・フライシャーの、現場での撮影ならではの“そこまでやらなくていいよ”ものの震撼たる灰色さに、ジョン・ハートのイノセントな目が余りにもやりきれない「10番街の殺人」のタイトルを掲げる楽曲。しかもベンチャーズだなんて、どんな衝撃が待ち受けているのかそれだけを楽しみに、ここのところ精神的&神経的に齟齬満載の仕事に耐え、帰宅後のもろもろも片付けて、正座して試聴に臨むも……

これって、映画とは全く無関係なんですか?
じゃあこのタイトルはどこから持ってきたんでしょう?

そして、朝から勝手に盛り上がっていた期待と興味と、夜、耳にしたサウンドの“おなじみ”ぶりの落差はどうして埋めたもんかいなと途方にくれかかりはしたけど、ま、人生そんなもん。
今さらながらベンチャーズの変わらぬベンチャーズぶりに触れて感心させられたのもまたいいじゃない。そして、このたびの落差をどんなものがどんな形で埋めてくれるのか全く想像つかないだけに、余計に楽しみ。そのときはぜひ記事にしたいもの。

そして、結局試聴のみで終わらせたベンチャーズの「10番街…」だけど、“ここを聞かなくちゃあ”というおさえどころをお持ちの方、教えていただけたら幸いです♪

この記事へのコメント

2008年01月07日 12:02
はじめまして!
シェリー・ウィンタース関連で貴ブログ様に辿り着きましたが・・・
こちらへTB&コメント、僭越ながらさせていただきました。
ロック&ジャズをずっと好んで聴いてまいりましたが、突然、ベンチャーズやビートルズなど、ガンガン、聴きたくなります。^^
フライシャーの本作とベンチャーズのこの曲に言及されている記事はおそらく希少価値かもです。

なお、
>“ここを聞かなくちゃあ”というおさえどころを

はいっ!^^
曲の3分の2を経過したところあたりに2回ほど転調の
瞬間が参りますのです。
ここが聞きどころでございます・・・っと私は思っておりますが。(笑)♪
2008年01月08日 21:54
viva jijiさん、はじめまして♪
そのタイトルを見つけたときは、どーして“テケテケテケ”とあの暗~い「10番街…」が…と本当に本当にびっくりしたもんです。
もう試聴したこと自体忘れかけてたんですが(とほほっ)、おさえどころは3分の2過ぎですか~。これは試聴では味わえっこないですね。
「転調の瞬間」、なんだかすごーく体験したくなってきましたっ♪

この記事へのトラックバック

  • ザ・ベンチャーズ ~10番街の殺人~

    Excerpt: 今はもう“卒業”しましたが 3日にあげず飲んでいた頃の話。 私のお酒は男性と同じ。 「家では、飲まない。」 ~外でできることは 家に持ち込まない~ってね、 誰か言ってなかった?~ あっ、.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2008-01-07 11:42