ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも私はチャンネルを回し続ける

<<   作成日時 : 2008/04/02 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前記事で「チャンネルを回した」なんて書いてしまった。すんごい時代もののフレーズ。
若い人は共感できないだろう、でもわかる者にはとても使い勝手のいい表現。

これからも使うでしょう。というか、出てきちゃう。もう身体感覚からの言葉になっているから。

前記事は目的ありの状況での使用。目的なしの場合の「チャンネル回してたら…」の持つ曖昧さ、まったり感は他の言葉では醸し切れない。中身は変わらないけど、別に普通に使うけど、「ザッピング」という言葉の語感の“身も蓋もなさ”に使用をためらうことは間々ある。中間案は「リモコンをガチャガチャ…」かな。

……ひょっとして正しくは「チャンネルのつまみを回す」?!?
そうよね、回していたのはつまみなんだから。

残念、時代からは葬られ、しみついている身体感覚とも厳密にはずれていた「チャンネルを回す」。
でも、やっぱり私にとって生きている言葉。当時の空気も含めての“身体の記憶”に育まれた言葉はたくましい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
それでも私はチャンネルを回し続ける ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる