ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 職業はプロ野球のピッチャー

<<   作成日時 : 2007/10/06 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「まだまだ投げたい!」
引退セレモニーでの、胸をえぐる吉田豊彦の第一声。

現役最後にファンの前でそうきっぱり叫べる、それは20年間プロとして投げ続けられた者こその“幸福”、わたしにはそう思えてならない。苦しいことばかりだったと振り返るが、そのつらさと同じ分、あるいはそれ以上の自負、誇りを持ってほしいし、実際彼は持っているだろう。だからこそ最後にああ叫べたんだ。

前日には、テレビをつけた途端、涙がとまらない由規君の映像が飛び込んできて本当に驚いた。ものすごくいろいろな思いのこもった新たな旅立ちの涙。“おらいの由規君”、もう「君」は取らなくちゃいけない、対戦相手のチームのピッチャーになるんだもの。

翌日の新聞、笑顔の由規君の写真とともに吉田最終登板の記事と同じ紙面に載っていたのは、戦力外通告の文字。毎年恒例ではあるけれど、今季初のその報道を、ドラフト1位指名の若者、そしてファンの前で引退セレモニーをすることができた選手の記事と同時に見ることになったのはやはりつらい。  

これから足を踏み入れる新人と去っていく者の涙、そして、“彼らに感動して見ているこちらも”、それをきっかけ、抑制解除の口実として流れる、現役投手への胸の痛みの自分の涙。

プロ野球のピッチャーとは、とんでもなく特別な存在だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
職業はプロ野球のピッチャー ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる