ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS “扇を指差しながら日々前進”

<<   作成日時 : 2007/04/30 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

木久ちゃんの新しい名前が「木久扇」に決定とのこと、おめでとうございます。

木久扇と聞いて連想するのは「指扇」。日本でどれくらいの人がその地名を知っているんだろう。その沿線に引っ越さなければ、私はまず100%知らないで人生終えていたに違いない。駅名の表示を初めて見たとき、その風流さに感激した。自分の中では典雅度トップクラスだ。降り立ったことないから、実際どんなところかはわからないけど。

指扇の隣駅は日進。「日進」って、その泣く子も黙るアグレッシブさにこれまた驚いたもんだ。指扇に日進、どちらの響きもいまだに初めて知ったときと同じように刺激してくる。“扇を指差しながら日々前進”なんて思ってたら、間に駅が計画中とか。ほんとに日々発展してるのね。

引っ越しである意味感動させられるのは、その土地ならではの地名と人名。
珍しいなーと思っていた芸能人の名字を持つ人が“石を投げれば当たる”ぐらいいたのにびっくりしたことがある。自分にとってはマイナーだったものが場所を変えればメジャーであることに目からうろこ。同時に、ここの人たちはその名字を珍しいと受け止める人間がいるなんて思いもよらないのかもなぁとしみじみしてしまった。

雷の激しさや土の黒さに言葉のイントネーションから行政システムまで、当たり前と思っていたものが当たり前じゃなかったんだと気づかされる体験は貴重。そして、立ち位置が変わって初めて見える長所短所は少なくない。
感謝すべきことに「こんなところに来るんじゃなかった」と思うような目にはどこでも遭わなかったので、知らない土地に住むことに惹かれる気持ちは今もものすごくある。でもちょっと実現できそうにない現在、足場は固定されていても見る角度はフレキシブルであるよう意識することは必要ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
“扇を指差しながら日々前進” ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる