ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 降雨コールド勝ち−5月24日ロッテvs阪神

<<   作成日時 : 2006/05/25 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「阪神能見、無死満塁で3K!岡田監督絶賛」by日刊スポーツ
「能見“満点快投”で今季初勝利」byデイリースポーツ

先日の満塁で登板ときはツーアウトをとりながらも押し出しで1点献上と、“ま、それもご愛敬。でもよくやったね”ってな受け止め方だったけど、今回は、荒天の中ノーアウト満塁で登場し、三者三振とは。
その前の登板では要らぬ本塁打を2試合連続して与えたりしていて、調子の波が開幕時のそれに戻りつつあるのか、また“覚悟”しなければならない時を迎えたのだろうかと森閑とした思いにかられていたときだっただけに、昨晩の働きは感無量の一言。

私が現在抱えている仕事は性格的にかなり細かいクライアントからのもので、その担当者の個人性に由来する細かさのみならず、そもそもの仕様がまるで初めてというパターンのやっかいなもの。「何くそ」との気力一本で仕事に取り組むが、さすがに視界がぼやけたり脳みその揺れを抑え切れないときは、こっそりネットのニュースで一息入れる。
そうしたときに冒頭に引用した能見の記事を読む。他人から見れば全くばかみたいだろうし、自分でだってそうなるとは思いもよらぬことだったのだが、涙が出てきた。昨晩の時点では、その活躍ぶりに“泣いちゃうよー”とふざけてみせたり、今朝、出勤前に新聞を読んだときも“はいはいはいはい、やったね能見”ぐらいのノリだったのだが、職場で実際問題どーにもうまくいかずしんどいこと極まりない状態で、能見についての記述、岡田の評価、そして能見自身のコメントを目にしたとき、仕事場にもかかわらず泣けてきた。どんなに苦しい時間が続いても、そこを耐えてこその“喜び”なんだよね。へこたれてる自分の情けなさと、彼が最悪の場面で登板して最高のピッチングをやってのけた嬉しさがごちゃまぜになって、涙が出てきた。

よかったね、能見。本当によかったね。使い続けてくれた岡田にも感謝だし、その期待に見事こたえたあなた自身の踏ん張りにもあっぱれ。そして、仕事上、八方ふさがりになり参りかけていた私を勇気づけてくれたことに感謝。あなたの頑張っている姿に励まされてる存在がここにいることをぜひ知らせたいものです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
降雨コールド勝ち−5月24日ロッテvs阪神 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる