ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「草原の輝き」

<<   作成日時 : 2005/05/06 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の「スパレッティ…」のタイトルは、誰も気づかなかったろうし、誰も読んでもいないかもしれないが、エリア・カザン監督、ウォーレン・ベイティ&ナタリー・ウッド主演という、それを聞いただけで食指の動く映画「草原の輝き」にちょいと引っ掛けたものだ。

何かの偶然でこれを読むことになった、映画が嫌いでない若い人に私は言いたい。もしこの作品に興味を抱いたなら、見てもいいかなとちょっとでも思ったらすぐに見ることをお勧めする、極端に言えば一刻も早くね。でないと、“輝き”があれよあれよと薄れる作品なのだ。若ければ若いほど響くものがあり、年を重ねれば重ねるほど凡作となってしまうものなのだ。その作品の持っているある種の瑞々しさは、何年たっても、幾つになっても頭では理解できるのに。
私は、主演2人の私個人にとっての余りのスターぶりにかなりの時間見ることにもったいをつけてきた。そしてようやく見るに至ったが、その作品のエッセンスが素直に心に染み入るには年をとり過ぎていた。正直、見るのをためらっていた時間をどれほど口惜しく思ったことだろう。今の映画にはそういう作品ってちょっとないよね。これも古きよき時代の遺産だろうか。若ければこそより心を動かされる映画である。“輝き”を“輝き”として受け止められる時代のうちにごらんあれ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「草原の輝き」 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる