ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS HAMLET社 リカートリュフチョコ

<<   作成日時 : 2005/02/13 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チョコレ−トに目がない私は、何年も前からバレンタインにここぞとばかり並ぶラインナップから自分が食べたいチョコを買っていた。
ことしのめっけもんは、ベルギー、HAMLET社(でいいのかな)のリカートリュフチョコだ。コニャック、シャンパン、そして愛してやまないコアントロ−風味の3種類。いやいや、チョコレートそのもののおいしさはもちろん言うまでもない。それよりも何よりもリキュールのビビッドな味わいには驚かされる。はっきり言う、アルコールに弱い方はやめるべき、絶対に。私も念のため運転前には自重する。それくらいリキュールそのものが生きている。
このようなチョコレートを常に楽しむことができる人々をうらやましく思う。(そういう人たちってお抱え運転手がいたりするのよね。自分で運転なんてとんでもないってなもん。ポワロの見過ぎかな)現代では、当初想定されていたであろう欧州のスノッブ層という“顧客”は天と地までもかけ離れた、搾取の対象たる労働者層の手にまでまかり間違って商品が行き渡るようになってしまったのね。すばらしい作品を賞味できるということで私個人にとっては幸せとしかいいようがないが、ベルギーの本社のプライドはいかばかりなのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HAMLET社 リカートリュフチョコ ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる