テーマ:スポーツ

梁瀬君、出雲駅伝お疲れさま!

1月2日以来、どうしてるかなぁと思ってました。 中継見られなかったから結果だけ今見てるけど、第5区・区間2位の健闘、うれしいです! あと一月半、故障なく新年を迎えられますように。 そして箱根を走る姿をまた見られることを楽しみにしてるよ、梁瀬君!! 10月15日追記 新年まで一月半じゃなくて二月半でした。 ……梁瀬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっひゃ~っっ!阪神V逸

どっひゃ~ げげげっっ うっそー あちゃ~ 9月頭ぐらいから、男子バレー五輪最終予選でのイタリア相手の歴史的敗戦がちらついてしょうがない。縁起でもないと黙ってたんだけど、ああ……!!悪夢は現実になっちゃいました。 第2次ダメトラ時代のマイキャッチフレーズは「ノーアウト満塁で点とれない阪神」。去年のシーズン当初からそのフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワンちゃんにお別れに」

駅のコンビニで楽天のキャップをかぶり一人でおにぎり2個を手に取ったおじ(ー)さん、話しかけやすそうだったので「Kスタ行かれるんですか?」と声をかけたみた。 岩隈、もう20勝は果たせたし、そんなに“一生懸命”応援しているわけではないが、どうせなら背番号と一緒、あと一つ勝ち星をの思いもあるし、前回のもう緊張がキレてしまったような様子は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベガルタ仙台5連勝ならず!

9月28日の水戸戦、負けてしまいました。 な~んか勝ってくれそうな気がする、5連勝いくでしょう!とちょっと締まらない気持ちで私が試合を迎えたのは事実。反省。いよいよ今季は“万年昇格争い”からも脱落か?!という危機から浮上し、うっすら射してきた希望の光に喜んじゃってました。それはいかんです。 まさか選手にはこれぐらいで連勝のプレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベガルタ仙台4連勝!!

前節の対岐阜戦、辛勝、超辛勝。 小原庄助がつぶしたのは身上、中尾彬の義理のおじいさんは5代目志ん生、ってな駄じゃれをかますのもはばかられた、寿命も縮む辛勝、嗚呼! いいのよ、内容じゃない、勝ち点3、それがすべてじゃーと思いながらも、これじゃあ次節の天王山は一体どうなることやらと不安いっぱいで迎えた湘南戦。 ”(アウェーの試…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草野大輔の“将大”

草野大輔の“マー”は“将大”になっていた。 9月18日の日ハム戦、代打でのタイムリー二塁打。満塁の走者一掃の胸のすく当たりは本当にあっぱれだった。2点差に迫られた後、今度はホームラン。見事な田中への援護射撃。 この日のお立ち台、「かわいい弟分」(草野談)の田中将大は、自身のピッチングにいまいち納得いかないためか、すっきりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホヤはあんまり食べられなかったよ、ベガッ太

何ぼだってさばいてあげるといったけど、売っていなかったり、店頭にあっても小さかったり高かったりで、この夏はあんまりホヤは食べられなかったよ、ベガッ太。年々採れなくなってきているのに加えて、この燃油高騰だものね。 ホヤは思いっきり食べられなかったし、も~引き分けは飽きたから違う結果にしようよっていったら黒星ってな“違う結果”になるし、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらなきゃ-変えようと思う

どーしたかな能見、“なんとなくボール”ばっかりの四球って、それはいかんでしょう。 ここまでそこそこ投げてたのに、きょうは何か違ってた?……って、ああ~確かに違うことが一つあった。私が試合中継を見ていたことだ。見ていなかったときは抑えてたのに、すまん、能見。 高田馬場のACTミニシアター、今はどうなっているんだろう。 「チャップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらなきゃ-変わったか変わらないかわからないの

能見の登板、また見られなかった。 いいも悪いも、変わったか変わらないかも、この目で見なくちゃ始まらないのに、すまん、能見。 公式サイトのPLAYER PHOTO、いつも何かはコメントをつけているのに、今晩アップされている能見の写真にはコメントなしだ。コメントなしでもアップしているところに今の阪神のせっぱ詰まり度がうかがえる、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神優勝マジック再点灯-「福川、すごい」

今季、前半戦途中で余り試合中継を見られなくなる。チームは歴史的快進撃だから、プレーは見られなくとも余裕で大船に乗っていた。唯一の気がかりだったオリンピックによる矢野不在の影響も、そしてそれが現実となったときも、それは虎党全員同じ思いと“音無しの構え”でいたけど…… 2位と3.5ゲーム差はまずいでしょう。いくらなんでもまずい。黙っち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらなきゃ-あれは変わってないのね

8月30日対巨人戦、能見登板。 阪神公式サイトの写真で見るに、あれは変わってないようで。ユニフォームのすそ。 私にも変わってないものがある。 数年来“1本だけ”がミソだったのが、能見を心配して数週間で2本白髪が発生した、と去年の9月に冗談8割・本気2割で書いたけれども、先日はたと気がついた。それ以来ふえていないのだ。正確には記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッチ・ハルパーンが呼んでいるようです

前の前か、そのまた前だったかのWOWOWエキサイトマッチで久しぶりに見たジョー・コルテス。心なしかスリムに。 そして、彼ってこうだったっけ?というやけに軽やかなステップ。ミッチ・ハルパーンを思い出した。 その日以来、ミッチ・ハルパーンが頭から離れない。なんだろうなぁと思ったら…… 8月20日が命日でした。 姿が見たくてふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男子バレー北京五輪全敗

非常に残念な結果に終わってしまいました。 まさに自滅でした。 私にとって象徴的だったのは、ブルガリア戦、第3セットだったか、サーバーを山村から松本にかえたシーン。明らかに相手は山村のサーブを嫌がっていたのに、ピンチサーバーを送るとは。それまでまずいプレーは随所に出てきたけれどもとうとう監督からして相手の喜ぶことをした、と思えたあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いっぱいホヤをたべる!!」byベガッ太

フジサンケイグループのフリーペーパー「リビング仙台」8月2日号の仙台七夕にちなんで短冊に願い事を書いてもらうという企画。 ベガルタ仙台チームマスコット、ベガッ太くん(9歳)の願い事は「いっぱいホヤをたべる!!」 ベガッ太くん、1999年5月2日が誕生日だもんね、9歳なんだ。そうかそうか、じゃなくて…… 仙台89ERSの浜口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャビン・リースをもう一度

先日のWOWOWエキサイトマッチ、ケリー・パブリックvs ゲイリー・ロケット。今や相当な人気ということで、デラ・ホーヤを継ぐ者か、“ゴースト”ケリー・パブリック。好青年、謙虚とジョーさんべたぼめ。 彼を見ると、顔の傾向からジョー・カルザゲを連想してしまう。このたびも例に漏れず「カルザゲ見たいなぁ」などと思っていたら、ロケットのセコンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらなきゃ-あれは変えてほしいんだけど

ファームの投手の登板は大体予想がつく。試合展開に関係なく。 先日の貴重な2軍戦の放送日は2回とも能見篤史が投げそうだという日で、そして実際登板しただけに、諸般の事情で途中から放送を見られなくなってしまったのは本当に残念。 ここのところずっと最後の1イニングを投げている。 結果の数字を見ちゃあ、球数少なく終われたのねとか、ひとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪だか~らいったじゃないの~♪

ベガルタ仙台、外国人FW獲得。 ベガッ太くん ド~ンとやってみたら この結果  (中七は早口でお願いします) Kリーグの得点王とはいえ、それは昔のお話。過剰な期待は健康によくありません。 野村監督の「ばっかじゃなかろか♪」を聞いたときは、うれしくなるほどのおまぬけフレーズに脱力するとともに、今度はジャイアンツ相手にけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の出会った最高身長の男-岡山恭崇

2回続いた「~男」のタイトル、三つにして収まりよくしようということで無理くり引っ張り出した思い出です。 昔、駅前で岡山恭崇氏を見たことがある。 いや、フルネームはそのときも現在も知らなくて、「岡山だ!」と思っただけ。バスケットボールと岡山という名字で検索したら出てきたので、岡山恭崇氏でいいんだと思う。ウィキはこちら。 初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩隈に抱きしめさせた男-草野大輔

お立ち台のふたり という図柄を見るとついドキドキする。 さすが伝統ある人気球団の選手たちは盛り上げ方も自分の“ポジション”も心得ていて、ヒーローインタビューは勝利の喜び倍増のひととき。そんなうれしいドキドキは、365日あったっていい。 本業の野球そのものに負けず劣らず、楽天はその点も発展途上。ドキドキは、ほとんどハラハラに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タオルを渡す男-山村宏太

6月29日のバレーボール男子ワールドリーグ対ポーランド2戦目をTV観戦。 あぁ、タイムアウトで戻ってきた選手に山村がタオルを渡している。 指の負傷もあり、出場しないことになっていたんでしょう、アップすることもなくベンチに張り付いているんだから選手のケアをするのは当たり前。たとえ前回の悔しさを経験しているベテラン組であろうと。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝!男子バレー五輪出場決定

男子バレー、オリンピック出場決定、おめでとうございます!! 「怒」で始まった最終予選。 その「怒」を引き起こしたのは、「あそこまでいっておいて…」の思い。間違いなく歴史に残る敗北ではあったけれど、その「あそこまでいった」粘りは本物だった。ショックを引きずることなく、その後、さらに粘り強さを発揮していった全日本男子、強くなった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無事じゃなくたって名馬なり!!

ベガルタ・菅井直樹、右鎖骨骨折で全治3カ月……!ホルヘ・リナレスの故障で参ってるところに、さらに追い撃ちショックだ。 昨季、見ものだった菅井-ロペスライン。冬になるころには彼もJ1へと見送ることをほとんど覚悟した。昨季のそもそものつまづきはシュナイダー潤之介の骨折による戦線離脱からだったことを思うと、その再現かと目の前真っ暗、血の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハマちゃん、打て!-5月21日オリックスvs阪神

テレビをつけたら、2アウト満塁でバッターボックスには濱中治。げげっ! 世界じゅうの阪神ファンの皆さん、ごめんなさい。ここで私はウラギリモノに。 ハマちゃん、打て!いいから打っちゃえ!!とおなかの中で叫んでしまいました。 それは、阪神はかっちり首位をキープし続け、このときも3点差でリード、オリックスは長期低迷で脱出の兆しもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルヘ・リナレス 防衛戦キャンセル 

6月2日のWOWOWでの放送を楽しみにしていたホルヘ・リナレスの2度目の防衛戦、リナレスの右肩腱板損傷悪化のためドクターストップがかかり中止とのこと。ショックです。 格闘技の修行で日本に来た外国人が、どんどん強くなっていったんだけど、指と肩を故障して帰っていったっていう夢を見たのよ と、前の晩、家族に話したばかり……!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川村慎二、黒鷲賞おめでとう!

おそくなってしまったけど、パナソニック、黒鷲旗バレー優勝おめでとうございます。 どこか市橋祐之に似ているような第3のセッター・大竹はこの大会がデビューとのこと、そんな全日本メンバー抜きのチームのキャプテン役だった川村、お疲れさま。 そして、黒鷲賞受賞おめでとう! 見られたのは決勝の1試合だけだったけれど、その守備の意識がチーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらなきゃ-豹変しちゃったのね

滑り出しはよかったのに。 福間が檄投賞くれたのは本当にうれしかった。 「安定していないから使いづらかったと思う」と、植草さんとゴルフしながら言ってた能見。 いやってほどわかってるのよね。 だから、変わらなきゃ……!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WOWOWエキサイトマッチ デラ・ホーヤvsフォーブス

試合終了後、スタジオの面々が前向きなコメントをすればするほど、放っておくとずるずる落胆する気持ちを何とか糊塗しようとしているように見えて仕方がない。私が不満足だからそう感じてしまうだけか? 1年のブランクにしてはサビていなかった。 12R戦ったことはかえってよかったんじゃないか。 戸惑いを漂わせながらも、彼を讃え、この試合を前向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「足の速い人っていいですねえ」-4月27日阪神vs巨人

阪神、今季初のサヨナラ勝ち!! 9回裏、土壇場の赤星の同点内野安打にシビレていたら、解説の真弓がつぶやいた。 「足の速い人っていいですねえ」 !!真弓だって十分速かったじゃない!そんな人ごとみたいに言うことないって!! でも、足の速い人は本当にいい。あれはまさしく赤星だからこそのセーフ。 登板2試合目の能見は1試合目と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

変わらなきゃ-そりゃ変わったんですわ

4月25日、昇格はほかの投手だと思っていたので、思いもよらぬ“開幕”。 女の子誕生とのこと、おめでとう、能見。 子供が生まれて立場が変わった能見が、久しぶりの1軍のマウンドでちっとも変わらない超すっきりもみ上げ&襟足で投げているのを見るのは、なんだかやたら感慨深い。 負け試合の1イニングとはいえ、こんなの見たことないという小気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月刊タイガース2008年3月号の表紙

創刊30周年記念ということで、月刊タイガース2008年3月号の表紙は手書き時代の甲子園のスコアボード。 左側から仰角でとらえていて、選手名のレタリングがよく見える。 金本が二千本安打を決めた4月12日の試合前、横浜球場で加藤博一の追悼セレモニーがあったとのこと。 表紙のスコアボードで見える選手の名前は、佐野、藤田、笠間、平田、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more