テーマ:音楽

阪神・能見1軍登録抹消中-猪俣 隆を覚えてる?!

きょう会社に向かいながら目に入った葬祭場の案内から、20年あまりのブランクを経て突如として意識の上に現れた阪神・猪俣。 猪俣?いたいた、それも背番号が…じゃなかったんじゃないかなとおぼろげな記憶があれよあれよと押し寄せるってんで昼休みにチェ~ック。「阿波野、西崎らと並んで“トレンディエース”と謳われた」とな。そんなんだったっけ?もーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる音楽~「黄色いアイリス」「裸のキッス」

先日初めてウテ・レンパーの存在を知る。それまでの“無知”に恥ずかしさを覚えながらも、知る喜びはを幾つになってもエキサイティング。映画に出演もしてるんだ。 映画の音楽といえば、サントラ等でチェックできるものはいいけれども、どんなに気になっていてもサントラになってないとかもう廃盤というので後追いできないのはつらい。輸入盤でデイヴィッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Ceramic Smile」

ラジオ深夜便で大滝詠一の名が。 今聞いても新鮮みたいなことを言っていた。いつ聞いてもうまいつくりだなとは思うが、何ていうんだろう、ノスタルジックなこの上なさというか、あえて例えると、「ヘザース」「シザーハンズ」のW・ライダーを見て“あぁいいなぁ”としみじみしてしまう感覚とどこか通じるか。 アンカーは熱く語りまくり、3曲連続で流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる音楽~「甘い囁き」

例の“パローレパロレパローレ”。ずーっと気になる音楽だったが、めでたくも“気になっていた”音楽となった。先日「ラジオ深夜便」で流してくれて、初めて耳にしてからウン十年後にしてようやく題名を知ることになったから。 初めて聞いたのは、買い物に行った店内でのBGMでだったと思う。子供心に“パローレ…”の余りの繰り返されぶりに「何だ、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬神家の一族」の音楽by大野雄二

「きょうも崑さんコーンスープ」。たしかニチレイの冷凍食品のCM。当時は「テレビで宣伝するほどのものかいな」とぼーっと眺めていたもんだが、今振り返ると、天下の市川崑が冷凍のコーンスープCMにって、出演を依頼する方も依頼する方、承諾して出る方も出る方とほとほと感心する。CMそのものは、コピーのべたべたさに全然気がつかないほどシンプルな淡々と…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

「みんなのうた」~「展覧会で逢った女の子」

先日、「キャッツ・アイ・ラブ」が突如意識上に甦った次第を記事にしたが、そのとき同時並行して思い出した作品がもう一つある。 歌声と印象的な詞に背景のアニメの内容は記憶していたが、曲名は覚えていない。でも、検索でこれもすんなり判明。「展覧会で逢った女の子」。タイトルはまさにこんな感じだったかなーというものだったが、出てきた画面の情報に驚い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんなのうた」~「キャッツ・アイ・ラブ」

先日、新聞紙上の広告で北風小僧の寒太郎に再会した途端、昔々のかすかな記憶が一挙に甦ってきた。 今はまるで見る機会のないNHKの「みんなのうた」だけど、その昔、何とはなしに見ていたころ大好きだった、子供心に“ほんとにすてきだな~”と思っていた曲がある。キャロライン洋子と柳沢真一の何ともおしゃれなデュエット。そのおしゃれ度は松任谷由実と谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪「悪魔の赤ちゃん」♯♭

そのタイトルは結構物の本で目にしたなということと、WOWOWで3作続けてオンエアしてくださるというので、何となく録画した「悪魔の赤ちゃん」3部作。気になっていたのは、3作目にカレン・ブラックの名前があることぐらい。ということでのんびり見始める。オープニングのわけのわからなさが不気味でよろしいと画面を見ていたら、なななんとバーナード・ハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャンディ」

ラジオ深夜便で昭和50年代のポップス&ニューミュージック特集とのプログラムを流してくれた。「ニューミュージック」、今ではもはや死語だ。それでも、それを冠にして陽水やツイストの曲を流してくれるというご案内に涙ちょちょぎれる思いが。あとは、自分がその時間に覚醒していられるかどうかってことだけ。 案の定、途中は夢の中だった。が、尾崎亜美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣ける作家&作品 ピアソラ、「12モンキーズ」…

眠れない夜、あるいは明日を迎えたくない、そんなときの友は「ラジオ深夜便」。ここのところは幸いにして毎夜スイッチを入れるという状況にはなかったのだが、その毎夜でなく聞いた中でリシャール・ガリアーノとヨー・ヨー・マの特集が放送された。そこに共通するのはアストル・ピアソラだ。 ピアソラの名前を初めて知ったのは「12モンキーズ」。朝一番の…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

「月日星(チイチョホイ)」

鹿賀丈史が舞台出演中に血を吐いたのは大分前のことだったと思う。その当時、彼はウイスキーとタバコのCMに出ていて、そんなことじゃ体にいいわけないよと、CMと実生活は別物と誰もが知っていながら随分揶揄されたものだ。そう、彼はキャスターマイルドだかのたばこのCMに起用されていた。日テレの「TVムック」をごらんになっていた方ならおわかりだろう。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ガラスの部屋」の著作権

気になっていることがある。ヒロシがネタを披露するに「ガラスの部屋」のBGMはなくてはならないわけだが、その著作権料はどうなっているのだろうか。作詞ガエターノ・アメンドーラ、作曲ロベルト・ムローロ。映画「ガラスの部屋」は1969年の作品。著作権は原則著作者の死後50年は保護される。寡聞にして、両者が存命なのか、はたまた何年前に死亡したのか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

気になる音楽~カールおじさんとおじゃる丸

明治製菓「カール」の永遠の名曲「おらが村音頭」。作詞高杉治朗、作曲川口 真。三橋美智也の歌声、よかったねぇ~。 一方、「おじゃる丸」のオープニングテーマ「詠人」。作詞・作曲大地土子。歌は北島三郎。「ゆめをえがいて~ たかいそらみれば~」っていい歌だよね。 どちらも実にゆったりまったりできる。北島・三橋の両御大の芸のすばらしさには脱帽…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

みんな見たよね、マクビティビスケットのCM

ペピーノ・ガリアルディは、よもや東の端の国のお笑い芸人、しかも元ホストというやからのBGMとして自分の曲が“笑ってしまえる”ものになろうとは夢にも思わなかったことだろう。しかし、ヒロシ、センスあるよな。(ヒロシの顔を見るたびに、誰かに似ているような気がしてしようがない。マラソンの谷川真理か?) ところで、よくあるイタリアンポップス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

気になる音楽~「糸電話」

先回購入したということで取り上げたキング・レコードの「金田一耕助の冒険【特別版】」には、茶木みやこの毎日放送の横溝正史シリーズの主題歌はもちろんだが、2時間ドラマものとなってからの金田一シリーズの主題歌も何と入っているのだ!! 聞くたびに何ともいい雰囲気の歌だなぁと思ったものだ。ある種、昔の週1回のシリーズよりもえげつなくなった金…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「愛の女王蜂」

任天堂のアナザーコードの探偵編のCM、市川 崑(はともかく)と大野雄二に著作権料を支払うべきじゃないか。知ってる者からすればかなり似てるぞ。 遅まきながらキングレコードの「金田一耕助の冒険」にて、映画とTVにかかわる横溝ワールドの音楽に触れる。 幼かった私は、映画そのものには魅せられても塚田三喜夫の「愛の女王蜂」についてはまるで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

気になる音楽~鷺巣詩郎

CMで起用されずーっと気になっていた曲。画面に表示されるアーティスト名は鷺巣詩郎。でも、流れる歌声では男性とも女性ともよくわからない。曲のタイトルもわかりません。 が、検索してみると随分活躍している。私は全然知らなかったが。作曲とかプロデュースの方での活躍が目立っているから、例のキャッシングのCMで流れている声は別の歌手のものなのかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dirotta Su Cuba

イタリアのドリカム、Dirotta Su Cuba。「FLY」が最後のアルバムとなったか。残念!! ヴォーカルの女性1人に男性2人が1人と1人になっちゃったと友人に言うと、ほぼ100%「やっぱりねぇ」と返ってきたもんだ。そう、1対2は難しい。 それにしてもSimona Benciniのパンチのあるヴォーカルは全くもって気持ちいい。ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more