変わらなきゃ-本当に変わったのね

9月11日、阪神・能見篤史、10勝目を挙げる。

感無量で何だか言葉が出てこない。
よくここまできたなぁと、本当によく耐えて頑張ってきてくれたなぁと、うれしいのとそれにも増しての感無量。急遽の1軍キャンプ合流から…、昨季の0勝から…と振り返らずにはいられない。CS進出争いの真っ最中、振り返ってる場合じゃないのはわかってるけど。

「誕生日のプレゼント、何がいい?」と聞かれたから、「なんにもいらない。能見が勝ちさえすればいい」と答えた。本当にそうなってくれて、もう言うことがない。

本当に変わったんだわねえ。
巨人戦で勝ってもらわねばという私の念願、宿願はこれ以上ないような形で叶えられたし、京セラでは勝つのに甲子園でなかなか勝てなかったもどかしさも今は過去のものに。甲子園のファンの前で10勝目挙げられて本当によかった。

けがしないように。それはいつも思っている。そして、この活躍が疲労による故障という形で来季に影響しないように今から願ってる、ってCS進出向けてこれからがヤマ。今までとは見事に「変わった」姿をまだまだ見せてほしい。見せてもらわなければ。チームのためにも、能見自身のためにも、そして私が安心して「変わらなきゃ」の看板を下ろすためにも。
能見、二けた勝利、本当におめでとう。

"変わらなきゃ-本当に変わったのね" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント