ベガッ太くんのド~ンとやってみよう!!

「ベガルタも賞味期限が切れつつあるのでは」
あっぱれなアイリスオーヤマ・大山社長のコメント。拍手!!“旬”の話題に絡めての発言だが、永久保存版にしたい名セリフだ。   

が、へ理屈こねてみれば……
賞味期限とは、ある程度の時間の経過・継続の果てにくる言葉。今季のベガルタ、前季からの継続したチームか?違うだろう。別のチームだ。“名前”としては賞味期限切れと言えても、お金のやりくりが最大のお仕事のフロントがつくった“中身”はまるで新しいチームなのだから、昇格できずに何年だとか賞味期限どうのこうのとは言えないのだ。

かわいい子には旅をさせよ
彼を送るにはその言葉しかない。ただ、いつか帰ってくるのが旅。彼は帰ってこない。帰ってきちゃいけないのである、J2常連チームには。
もう私に“おしりをたたかなくちゃ”と思わせてはいけないのよ。

エース流出、新人監督、外国人枠不使用。
外国人枠なしで上位にこれるほど甘くない、J2だって。外国人枠に頼らず昇格を目指すって、耳ざわりはよろしいけれども、ある意味失礼だろうが。
これらの余りにチャレンジングな条件の中、新しいチームがどこまでやれるかド~ンとやってみようってぐらいの構えでいるのがちょうどいいんだろう。
……が、それでもやっぱり叫んじゃうのである、行くぞJ1!!

"ベガッ太くんのド~ンとやってみよう!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント