桂春菜さん、桂春蝶さんの名跡を引き継がれるとのこと

今日の新聞で初めて知りました。春蝶さんに息子さんがいて、春蝶さんの死後、落語家の道を選び、そしてこのたび桂春蝶を襲名すると。

私は落語家としての春蝶さんは知りません。ただ、関西方面のラジオに周波数を合わせようとしても下手するとハングルの方がはっきり入ってきたりする東北在住の私でも阪神ファンとして育ててくれたのは春蝶さんです。植草・太田らのアナ&皆川・長池らの解説陣のABC放送とともに本当に感謝してます。
あのころはダメトラ真っただ中でした。それでも、熱くあったかく阪神を見守ってくれた春蝶さん。みんなに虎党魂とクソ元気をふりまいてくれてました。林家小染の死にもびっくりさせられたけど、春蝶さんの早すぎる死にも驚いたもんです。

「常勝軍団」を経験できてしまったためか、ネットの普及のためか、今の阪神に対する語り口には殺伐としたものすら感じるときがあって、それは実際の勝敗とは別に淋しい限り。
新春蝶さん誕生を機にもうちょっと広い心で……と私も言いたいんだけど、“ベンチもアホ”だし(ああとうとう言ってしまった)若手育成もどーもうまくいってないし、試合日程の組み方も変だし(これはチームに関係ないか)、心穏やかならぬ日々が続いてしまうのかもしれない。そんなときこそ二代目春蝶さんの虎党魂を思い出し、三代目春蝶さんの(阪神ファンとしての)大いなる活躍を期待し、阪神ファンとしてのおのれを鼓舞していきましょう……って、せめてCSに滑り込んでほしいんだけど無理か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック