変わらなきゃ-ピッチャーという仕事は変わらない

「味方が5点とったときは4点に抑え、1点しかとらないときは0点に抑える、それがピッチャーの仕事だから」
これは2年前に能見に贈った言葉。

「ゼロに抑えるのが自分の仕事」
今季、「ゼロに抑えるよう」ということをよく口にしている彼は、9日の横浜戦後もこう発言している。

贈った言葉よりももっと深い覚悟をもってピッチャーという仕事をしている能見には、けがのないよう祈るばかり。それから体力面と。初登板が99球、以降、毎回100球超。こんなにコンスタントに投げたことはないわけで、疲労が出始めてもおかしくない。シーズン通してローテーションを守れと言ってもらっているが、まずはいい状態で交流戦を迎えることを願っている。
彼が好きだと言っているビジター用は私も好きなユニフォーム。ゲイル思い出しちゃうね。これ着て輝いている能見が見られますように。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック