ワールドリーグバレー男子 米vs日

新しいチームになってから初めての試合。
復帰の川浦、初選出の今田と富松がどのぐらい機能するのか興味があったので、山本のひざの手術を放送で知り驚いたものの重いけがではないということで安堵したこともあり、かえって今田あたりの出番が増えるかとポジティブに観戦に臨むことに。

結果は3-1で負け。
試合終了後、監督及びいろいろな選手のインタビューが結構な時間流れた。「3セット目が…」「勝てた試合だった」、そこまでは出てくるが、その次の私が待っている言葉がなかなか出ない。
今の選手たちの口からはこの言葉は聞けないのかと諦めかけたとき、ラスト登場の石島から最後の最後にやっと出てきた、「くやしい」と。

言わないだけでみんなおなかの中ではそう思っている、とは思う。でも、3セット目のジュースを征していれば勝てたのではという、本当に何とも残念な試合だったのだから、もっとくやしい気持ちを表にあらわしていいんじゃないか。“新チームで初めての試合だからこんなもんかな”感の方がまさってるインタビューはきょうだけにしてほしい。

負けてくやしいという思いは隠さなくていい、隠せないほどくやしがってほしい、とお願いする。勝手な願いとはわかっているが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック