彼女の名はセルマ……じゃなかったかな?

“永遠のセルマ”さんからトラックバックをいただきました。ということで、「セルマ」にまつわる思い出を。

もう随分前にWOWOWで放送したSFものの海外TVドラマシリーズ、タイムスリップが原因だったか、毎回主人公がいろんなところに出没して、そこでひとしきり事件がというパターン。初回から録画で見ていたが、あるとき録画に失敗してしまった。
そのころは、連続物は順番に見るもの、途中が抜けるなんて問題外とこだわれた幸せな時期で、ましてリピート放送のWOWOWだもの、そのうちまたオンエアしてくれるでしょうと、それ以降はノーチェックでひたすらリピートを待っていた。ところが、全然リピートがない!待てど暮らせど再び放送されることはなかった、私の知る範囲では。逃がした魚は大きい、おもしろいドラマを見はぐってしまったもんだと今でも無念と後悔が渦を巻く。

元の世界に戻れない主人公(マイケル・パレっぽい俳優だったような)のパートナーは小さなホログラムで、その名前がたしかセルマ。確信は持てないんだけど、なぜかそう思い込んでいるからそれでいいんじゃないか…と思う。

彼女は髪をお団子に結い上げたお姉さんというかおばちゃんで、暴走しがちな主人公の相談役。未知の世界にひとり入り込んだ主人公は孤独であり、煙たがりつつも実は彼女を頼りにしている。そして冷静と母性でもって彼を支えるセルマ。そんな2人のいわば珍道中&信頼関係が、メーンのストーリーとは別に後景としておもしろさを醸し出していたような気がする…って、これ全部頭の中の記憶です。
阿知波信介を殺し、「徹子の部屋」でゴリさんに思い出話をさせた自分の“記憶”のそれこそ暴走ぶりは以前の記事のとおり。だから、全然違っているかもしれない。セルマという名前も違うかもしれない。

タイトルも出演者も全く覚えていない。一部でも覚えていたら何とか検索で追いかけられたかもしれないけど、だめ、全然だめ、探しても見つからない。そのフォローできなさゆえに切なく懐かしい輝きを増すばかりの記憶の中の珠玉作なのである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 阿知波信介氏が自殺!

    Excerpt: 芸能プロ「アクターズプロモーション」の社長で、女優・多岐川裕美の元夫・阿知波信介(あちは しんすけ)氏(67)が自殺! 自殺現場・多岐川華子画像等 盛り沢山で。 Weblog: 阿知波信介氏が自殺! racked: 2007-05-08 11:00