カウンセラー・トロイのベストパートナーって

今は死語のレーザーディスク。そのハードを買わせるに至ったのは「仮面の忍者赤影」のソフトの発売。いわくつきの「怪奇大作戦」も入手できてしまった。「新スター・トレック」もLDで全シリーズ購入。TVで見始める前の未見の回を見るに当たってはとてもワクワクしたものだ。
その前に劇場版を見たが、艦長のP・スチュアートの声と私にとってなじみのあるTVの吹き替えの麦人の声のトーンに結構違いがあることにはすぐ気がついた。データを除く他のキャラに関してはかなり近いものだっただけに、なおのこと気を引いた。カウンセラー・トロイの高島雅羅に至ってはM・サーティスまんまだ。その”違い”についてはLDの解説のおかげで疑問解消。艦長の声は当初、吉水慶。が、彼が実家のお寺を継ぐことになったために麦人があとを引き継いだとのこと。確かに吉水慶の低めの張りのある声はP・スチュアートのそれとぴったりだ。高島雅羅とM・サーティスのそっくり度に負けず劣らずよく似ている。

「新…」で非常に興味深いのはガイナンの存在。W・ゴールドバーグが番組のファンで出演を希望した云々のエピソードはともかく、トロイは初期においてその存在の扱いの難しさゆえ危うく抹消されそうになったらしいが、人間とのハーフゆえの苦悩やライカーとのエピソードに加えて母親との関係というか封印された幼少期の話まで描き、キャラとして大いに膨らませることができたのは、ガイナンの存在あってこそじゃないか。実際ある回にあったが、トロイがその職責を果たせられなくても私ができるわと。
オリジナルになじんでいた私は、アンドロイドの存在にゃ驚かなかったが、全く仰天した、エンタープライズの任務にエンパスを利用するとは。「スペース1999」のマヤの例の超能力とは対照的。対象の精神を感知する“カウンセラー”、しかもその能力を本来有するベタゾイドと人間のハーフがため能力が“限定”されてしまっている、という設定とは。

恋愛の対象としてはいろいろな経過を経てやはりライカーへ戻ったわけだが、個人的感想に加えて、ずっとシリーズ及び映画を見てきた印象としては、さまざまな意味でディアナと最も絶妙なコンビというか、互いに持っていないものを補え合えるのはデータではないかと思う。片や、相手の感情とはあえて距離を置いてクルーのカウンセリングを行ったり、あらゆる存在と直接交感するトロイ。片や、どんな状況下でもエンタープライズとして最良の対応を選択すべくシステムの一部として機能するかと思えば、傍目に見れば十分“人情”を備えているにもかかわらず、感情というものに限りなく憧れを抱くデータ。自身、感情を持っていないと思っているがだけに(そりゃ持ってないんだけど)、めちゃくちゃ意識しての気の使いようは涙ぐましいばかりだ。感情とおさらばできればもう少し楽に生きられるんじゃないかという経験を持つ自分にしてみれば、「心なんて持ってない方が楽だよ」と彼に言いたくなるが、何かを切望している者には、一度でいいからそれを手にさせて、その上でそれが希求に値するものか否かをみずから判断させるというのが公平というもの。映画において実際データに感情が与えられる。そして……。
とりあえずTVシリーズ中では、第3シーズン67話「孤独な放浪者」が、エポックメーキングとまではいわないが一つのステップたり得ていると思う。データのそれまで意識の下にあったものへの気づきとそのことへのトロイの理解。個人的には、ブリキ缶の孤独とタム・エルブランの静けさを求める心、その両者のありようが私の心に強く刻まれる。そして、タムは静寂の中に居場所を見つけ、ブリキ缶の淋しさは癒される(私も一緒に行きたい)。が、データは彼らとは違う居場所を見つけたのだ。そしてラストシーンはそんなデータと彼に寄り添うディアナ。エターナルブルーの宇宙空間に染まる窓辺で、ブリキ缶とタムの心情をそれぞれなりに理解し“心”を痛めた2人の、一つの結末を得た表情が印象的だ。
トロイとガイナンについてが当初の主眼だったのだが、あらあらディアナとデータの話になってしまった。ご容赦あれ。何たって長きエピソードにおいて私にとっては彼女と彼がベストコンビだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

一つの石
2005年03月21日 23:07
 スペース1999と新スタートレックが同時に出てくるとさすがに驚きですね。私も両方を見て、それぞれに面白さを感じていたので、なかなか興味深く読みました。トロイ、データ、ライカー、ガイナンそれぞれ面白いキャラクタです。私は全部を見ていないので所々わからないですが、これからもトレッキアンでいたと思います。今はフジテレビ月曜深夜のDS9シリーズを楽しみに録画して見てます。
ぐれた
2005年03月22日 21:40
一つの石さん、「スペース1999」をご存知なのね!!って、世界じゅう知ってる人は知ってるって作品だろうけど、私の周囲で知っているのは今1人だけなんです、マジで。だからこうやってコメントしてもらえてとっても嬉しいです。あの作品世界を知ってる人と接することができて感激してます。

この記事へのトラックバック