ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 能見は変わった、今度はチームが変わらねば

<<   作成日時 : 2009/10/11 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

阪神はCS進出ならず。せめて、せめてCSにはと思ってたのに。
今季ほとんど中継は見られなかったけれど、走塁・進塁と守備のまずさはわずかに見た範囲でもよーくわかった。これじゃ勝てる試合も勝てないというもの。これはもう即何とかしてもらわねば。

そんな中でよくぞ13勝したもんだ。

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」はけだし名フレーズ。
語呂をかりて「能見篤史は5月28日を1軍で迎えられるか」「…交流戦で働けるか」「…夏場を乗り切れるか」「…二けた勝利するか」と折々見守ってきた。そして、9月25日の中日戦を報ずる朝日新聞のスポーツ欄にこんな一文が。『能見はもう一度、ナゴヤドームで投げられるか』。そう、「能見篤史は再びナゴヤドームで投げられるか」が掲げた最後のフレーズ。13勝目挙げたときは、再び投げられるんじゃないかの思いをかなり膨らませたんけど……。最後はチームとしての今季のまずさの集大成をさらけ出したような形になり、悲しい。
男を下げてしまった真弓監督1年目の一番の成果が能見の成長とは、身を引き裂かれるようだ。真弓、今季のようなタイガースは見たくない。チームとしてもいろいろな意味で変えなければいけない時期を迎え背負うものは一段と重いだろうが、何とかしてほしいというのがファンの願い。ぶっちゃけ、あてつけのように(と私は思っている)、もう一人のアキノブ、岡田が早々に監督復帰。交流戦で負けたくないっ!

2年前の春のキャンプでだったか、亀ちゃんの「背番号ぐらいの勝ち星を」という大いなる期待の言葉に“照れ苦笑い”してた能見。その後、崖の下からはい上がり見事に変身を遂げ、“照れ苦笑い”で終わらせることなく堂々結果を残すに至った努力は、私の想像を絶するものでしょう。ただただ感無量。能見、本当によくやってくれました!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
能見は変わった、今度はチームが変わらねば ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる