ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 変わらなきゃ−背番号は変わってない?

<<   作成日時 : 2008/04/08 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイガース公式HPのファーム試合結果のアップは結構遅かったりする。

3月23日以来、その後の登板のデータがなかったので本当に心配した、能見篤史。臨月の奥さんに何かあったかなとか、けがでもしたかと。4月4日、投げてたんだ。よかった。
負け投手になったにもかかわらず、その登板にこんなに安堵しているのには理由がある。能見が移籍という夢を見たのだ。ロッテに。14から21へとご丁寧に背番号の変更まで出てきた。ロッテの21番は内竜也というピッチャーなそうな。内投手、ごめんなさいね。

でも、移籍の夢を見たのには心当たりがある。

春の椿事とも言われているが、楽天の7連勝は事実であることは事実。そのしょっぱなは永井怜のプロ初完封勝利だったのだが、オープン戦の途中、技術面もさることながら精神面について監督が彼をボロクソに言う一幕があった、そこまで言うかとマジでぞっとするぐらいに、自分がメディアで接した限りでは。が、野村監督、そこまで本人のいないところで間接にこきおろせるのは、存分な直接の目配り、指導があってこそだろう。そして、精神面に関し言い放っていた言葉はそのまま能見に通じるものだった。

楽天については、記録の公平性・客観性を揺るがすようなまねだけはしてくれるなと思っている。投手成績で久々の20勝以上とか飛びぬけた勝率や防御率が記録されたのは実は楽天の存在がゆえってなことだけはやめてくれ、それがささやかな基本の願いだ。昨季の最下位脱出で消えかかったこの懸念、クローザーの不在で開幕早々見事に再燃したが、大丈夫?と思っていた青山、セーブ記録してるじゃないか。テクニックよりメンタルに越えるべきものがあることは、青山も永井も、そして能見も同じだ。

“寄せ集め”楽天、はっきり言ってほかのチームでは出番がなかったんじゃないかという面々も、もうあとがない、ほかに誰もいないという状況に立ち至ってクソ力発揮している。そのさまときたら素直に感動できるぞ。逆に言えば、ここで力が出なかったら潔くあきらめろという場でもあるのだが。
こういう自分がやらなきゃ誰がやる状態の、そして、なんだかんだいったってやっぱ名将・野村監督がいる楽天に来てもいいよ、能見、と私は思っていたのだ。(行ってもいいよじゃなくて、来てもいいよになっちゃうのには苦笑)何でロッテなのかは謎なんだけど。

けがしたりはしてないようなのでよかった、本当に。“開幕”を焦らないで待ってるから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
変わらなきゃ−背番号は変わってない? ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる