ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 虎辞書なる!−85年6月15日阪神vs大洋

<<   作成日時 : 2007/06/22 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月、「プロ野球グラフティ 阪神タイガース」で「無理が全くないフォーム」とコメントされているのを“あぁそういうふうに評価されてたんだ”と読み返してから初めてマウンド上の山本和行の映像を見た。

このオフに見たはずなんだが、すっかり経過を忘れている。
大幅リードだったので登板しないんだろうと思っていたら、途中はカットで突然登場。確かに力みがないというか、ゆるい投げ方ではあるよなと登場1球目を見ていたら、あらら、スタンドまで運ばれちゃった。7対1の点差もあり、初球からは…の思いもあったんだろうが、当時の解説者も言っているように運ばれて仕方のない1球。

そう、彼は決して“ホームランを打たれないピッチャー”ではなかった。そして、一発打たれても眉一つ動かしもしなければ苦笑いもしなかった。
この試合、3本のホームランを打った木戸相手に“何のサイン出しとるんじゃ”とばかりにいぶかしげな顔を見せたのは、ものすごく貴重な一こまだろう。
この日もその後はきっちり締める。

彼の姿に改めて思わずにはいられない。かわりっぱなに一発打たれようが何があろうが自分のピッチングすればいいんだから……って、それができたら誰も苦労はしないよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
虎辞書なる!−85年6月15日阪神vs大洋 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる