ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 問い合わせに回答いただけません、どうしたらいいんでしょう?

<<   作成日時 : 2006/12/28 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

翻訳ものの小説を読んでいて全く聞いたことのない名詞が出てきた。辞書を引きまくっても、この人なら知っているのではという人に当たっても、複数言語でネットを検索しまくってもどうしてもわからない。それが理解できなければ話の流れをつかめないというものではないから、わからなくてもまあいいかなとしばらくは思っていたけど、それがわかると、主人公の人物像のみならず主人公とその想いの対象たる重要な人物の関係のありようについてより深く味わう一助になることは間違いない“言葉”。ということで、このカタカナで表記されるものはどういうものなのか、そこまでわからなければ用いられている原語だけでも教えてほしいと思い切って出版社にメールで問い合わせしてみた。自分にすれば「清水の舞台から…」ってな行動ではあったけど。

数日後、「調べている最中なので、いましばらくお待ちください」との連絡が来たので、“私の質問は受け取ってはもらえたのね”と安心。「そんなどーでもいいようなこと聞いてくるな」と返ってきたらどうしようとも思っていたから。
そして、回答を待ってました、待ち続けてました。その連絡から一月たっても音沙汰ないので、これまた自分としては思い切って“お手数をおかけして申しわけなく思っているが、返事を待っているのでよろしくお願いする”旨のメールを再度送信。そして、それからまた一月以上たつんだけど、いまだに何も反応がありません。

自分が仕事していて、正直、「この人、クライアントは自分一人って勘違いしてんじゃない?」と思わざるを得ない言い方をしてくる存在は……決して絶滅するものではないことはよーくわかってる。そしてその話しぶりから察すれば、そういう言い方をしてくる相手の事情もわからないでもないというケースの方が多かったりする。でも、実際に仕事をしている方からすれば、物理的にどうしても不可能なの、どこか互いの妥協点を見出しましょうというメッセージを発しまくるわけなんだけど。

ということで、クライアントとしての私の要求が相手にとって相手組織にとってどの程度の手数・面倒・意味のものであるのか想像もつかない自分としては、どこまで“押して”いいのか判断不能なのだ。
余りに余りにビッグネームの出版社だから、もう片付けなければならないことが山積して、こんな一読者のしょーもない問い合わせに一々応対してられないのか。それとも、翻訳者は既に故人なので確認しようもできないということなのか。あるいは、私は、翻訳者は故人だから、下手に文中のカタカナ表記の意味を教えてというよりは、作品の翻訳権はこの会社が独占とあるので原文に接触するのは大丈夫だろうと、原文の綴りを教えてくれる方が容易ではと、せめてそれを教えてとお願いしたのだが、原文にアクセスすること、そして、ほんの一部分でもそれを単なる読者に情報提供するということは想像もできないほど難しいことなんだろうか?

「調査したけれどもわからなかった」という返事でもいいと思っていた自分としては、「いましばらく待つように」という連絡以降、うんともすんとも連絡がないことをどう受けとめていいのか、どう対処すればいいのか見当がつかない。
もう質問の内容云々よりも、一大企業が一顧客の疑問、問い合わせにどう対応するかの問題になっている、自分の中では。こんな取るに足らない一読者の問い合わせは、いつのまにか無視されるというのが世の中フツーなんだろうか。こんなふうに大企業に問い合わせをしたことはこれまでないので、わからない。まるで演歌の世界だけど、それなら「いましばらく待って…」の連絡なんてなかった方が諦めがつくってものなのにね。

翻訳者はもう死んでいてなぜこういう表記にしたのか調べようもなく、でも、わからないと回答するのも沽券にかかわるということで音沙汰ないんだったら、「読者に聞かれて答えられないことをあなたたちは活字にして世に流しているんですか」と言いたくもなるのは偽らざるところ。
せめて、文学作品の出版社なんだもの、“良心”はあると信じたいということもあり待ち続けてはいるけれども、ここまで何も言ってこないというのは回答する気はないサインと受け取るべき?
再度問い合わせしていいものか、そうする意味があるのか、それとも、大多数の問い合わせの運命はこういったものなのか、全然わかりません。あなただったらどうするか、もしくはこの大手出版社の対応をどう見るか、コメントいただければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
問い合わせに回答いただけません、どうしたらいいんでしょう? ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる