ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 宙を舞うオーナー

<<   作成日時 : 2006/10/21 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

日本ハム、81年のリーグ優勝のときの映像。当時のオーナーの大社義規氏が胴上げされている。

TVのスポーツコーナーで、彼がいかにチームを、野球を愛していたオーナーだったか紹介していたのだが、あの胴上げがすべてを物語るんじゃないか。
胴上げされるオーナーってすばらしいと思う。

この前、日ハムがプレーオフを制したときのこと、マウンド上での歓喜の胴上げも終わりセレモニーの開始を待つ中、ベンチで小笠原がとても優勝直後とは思えない真顔でスタッフとやりとりしている。あんな顔をして、一体どうしたんだろうと思った。何か探しているような、“あれはどうした”とか“あれ持ってこい”というような感じで、両手で四角をつくってしきりに声をかけていた。

しばらくして画面に映った小笠原の腕には遺影が。選手にあんなに一生懸命写真を探される存在ってすごいなと感動した。誇らしげな小笠原の表情も、優勝に胸を張るのにも増して「うちのオーナーはすごいんだぞ」といっているようだった。

日本一チームを愛したオーナー・大社義規氏は日本一愛されるオーナーだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
やっぱり、オーナーはそうでなくちゃ!
金儲けしか考えない人には、球団を持つ資格は無い!
ゆう
2006/10/22 01:03
こんばんは!
このときの小笠原の様子、すごく印象的だったんです。
……とにもかくにも、阪神、来シーズンは胴上げしましょう!
ぐれた
2006/10/22 17:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宙を舞うオーナー ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる