ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神・能見1軍登録抹消中−猪俣 隆を覚えてる?!

<<   作成日時 : 2006/08/25 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きょう会社に向かいながら目に入った葬祭場の案内から、20年あまりのブランクを経て突如として意識の上に現れた阪神・猪俣。
猪俣?いたいた、それも背番号が…じゃなかったんじゃないかなとおぼろげな記憶があれよあれよと押し寄せるってんで昼休みにチェ〜ック。「阿波野、西崎らと並んで“トレンディエース”と謳われた」とな。そんなんだったっけ?もーカンペキに忘れてた。 

猪俣が甦る数時間前、ラジオ深夜便で耳にしていたのは松任谷由実だ。もう何年とまともに聞いていないユーミン。理由はわからないが、「DA・DI・DA」を最後に聞けなくなったor聞かなくなった(どちらかは今もってわからない)。ということで初めて「春よ、来い」をフルコーラス聞く。
夢をくれし君の眼差しが肩を抱く
生み出す側と受け取る側、双方幾つになっても仰天させられる彼女のセンス。「眼差しが肩を抱く」って、そうきたか。あの乾いた声での“泣け”とばかりの胸をえぐる言葉には、静かに甘受の涙を流すのみ。

いやいや、昔の思い出に自分を哀れむ涙を流すのはいつでもできる。今すべきなのは“眼差しをいだく”こと。猪俣隆のようにまるでその存在とは出会わなかったかのように記憶を失うこともあるのだから。忘れたいことを忘れられない一方、忘れたくないことも忘れてしまうから、「忘れるなんて信じられない」と思える今こそ能見篤史の眼差しを刻み込まなくちゃ。だって、彼はまだ“疾風のように目の前からいなくなってしまうんじゃないか”という存在だから。

能見、甲子園でお会いしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
阪神・能見1軍登録抹消中−猪俣 隆を覚えてる?! ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる