ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS あの人は今… サッカー編

<<   作成日時 : 2006/06/23 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドイツワールドカップ、チェコvsイタリアの終了後のユニフォーム交換等々のなんだかんだの中、一瞬妙に懐かしさを覚える姿が映し出される。フェッラーラだ!!そうか、リッピのもとナショナルチームのスタッフになっていたのか。さもありなん。味方にしたら百人力、敵となったら憎さ百倍ってな存在だったな、チーロ・フェッラーラ。それだけ精神的にも実質的にも存分にその存在を発揮していたんだよね。スタッフとして、そして指導者としてまたその存在感を見せつけてほしい!

アルゼンチンは今回は順調のよう。その空色のユニフォームを見ると思い出さずにはいられないのはマティアス・アルメイダだ。セリエAで燦然と輝ける活躍を我々に見せつけたときの所属がラツィオということもあり、個人的にはビアンコチェレステとアルメイダは直結する。あの1シーズンの彼の活躍といったら空前絶後じゃないか。見事なまでに次シーズン以降“かき消えた”がゆえの印象深さということをなかったものとしても、あの1シーズンにおける彼のパフォーマンスは、今後だれにも追随不可能のすばらしさじゃないか。本当に惚れ惚れするものだった。攻守にわたる驚異的・超人的な身体能力&センス、目の保養、サッカーを観戦する者の幸福だったと言える。ありがとう、アルメイダ。

何歳になるんだ、ファン・デル・サール?!驚きのペルッツィの「今さら」ぶりは、リッピの存在により“ま、そんなもん”と自分の中では消化しているが、ファン・デル・サールについては、どうしてどうして実力っぽいから心底驚異だ。……って、私の気にとまるのは彼ではない。前回の「あの人は今…」でも触れながらまた書かずにはいられないんだ、ルート・ヘスプ。“引退しちゃったんだね”と自分で書いているが、正直何を根拠にそう書いたのか記憶がない。たしか彼より年長のはずのファン・デル・サールが今もってゴール前に立っている姿を見ると、「本当に引退したの?今どうしているの?」とあてもなく問いかけられずにはいられない。どんな顔だったかはもう覚えていないけど、それでも引っかかるくらい本当にカッコよかったんだよね、ルート・ヘスプ。顔は忘れても存在そのものは忘れられないのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あの人は今… サッカー編 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる