ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 読唇術、読心術……−5月14日ソフトバンクvs阪神

<<   作成日時 : 2006/05/14 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もちろん諦めるつもりはなんか全くないけど、なんか反撃し切れなさそうという空気と先発江草のひっぱり過ぎ感が募る中、私のフォーカスは“じゃあ次のピッチャーは誰?”ということに。2番手は金澤ということで、きょうは彼“放免”かなー、金澤頼んだよーと思っていたら、あらら能見登板とな。

のっけの1球目、「ん、これボールかいな?」とおなかの中で思う。ボール・ストライクの判定は、幾らクエスチョンマークが自分の中で飛び交っても審判がそう判断すればそうなんだということで、心の中で「うっそー、ストライクでしょー!!」と絶叫しまくっても実際声にするのは空しいから自重に努めることをポリシーにしている私の横で、家族が「ストライクだろー!!」と叫ぶ。おいおい、こっちはそう叫びたいのを我慢しているんだ、まして能見を思う気持ちはあんたよりもずーっっとずーっっと強いんですから、お願いだから静かにしててよと思った瞬間、画面の能見の唇が動く。明らかに彼の唇は「ボール?」と言っていた(違っていたらどうぞ否定のコメントを下さい、能見さん)。そっかー、投げてる本人も思わず確認したくなっちゃいましたか……って、そういうことじゃないの。

今日の「ボール?」と動いた唇だけじゃないの。リリーフカー上で、そしてマウンド上でちょっとした瞬間に口をふくらませてふーっと息をつく様子をはじめとして、あなたの表情は本当にわかりやすい。素人の私でもその心臓バクバクぶりが如実に伝わってきてしまう。いつかも書いたけど、あなたのアップアップ度の伝わりぐあいといったらとてもプロの選手とは思えないもの。実に素直な人なんだろうなぁ。でも、プロの選手としてはそれじゃ相手にのまれるだけ。闘志みなぎらせる顔をしろとは言わない。でも、85年の25番のポーカーフェイスぶりは参考にしてみてください。私は精神論者ではないけれど、“まずは気持ちで相手に負けない”ことが肝心ということは真実だと思っているから、プロとしてもっとしたたかに、私のような素人に“心情が伝わってきてしまう”なんて微塵も感じさせないようになってください、お願いだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
読唇術、読心術……−5月14日ソフトバンクvs阪神 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる