ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS おらがまちでイタリアーノ発見!

<<   作成日時 : 2006/03/30 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

もう4月だというのに、きのう、きょうの寒さといったら!夏は酷暑にスコール、冬は極寒に大雪と、“地球崩壊の序曲”は確実かつ加速的に進んでいますね。
きのうほどではないとはいえ、けさも雪が舞って信じられな〜いとの思いにかられながらの出勤途上、これまた信じられない我が目を疑う光景が目に飛び込んできた。何と、雪がちらほら舞う中、アイスを食べながら歩いている人がいる!!年のころなら20代前半か、むさくるしいか否かと二者択一を迫られればむさくるしい方になるが、決してアキバ系ではない、フツーにそこら辺にいそうなあんちゃんが、棒つきアイスに食らいつきながら歩いているではないか。うっそー、この寒空の下信じらんな〜い!ああ、よっぽど彼はアイスが食べたかったのね、こりゃイタリア人だわと思ってしまった。

スーツ姿もばっちり決まったいい年した男性がうれしそうにアイスをなめながら歩いている、それほどイタリア人はアイスが大好きというお話はもはや耳タコものだが、実際イタリアに行ったら本当にそうだった。
サッカーのスタジアムでは、試合経過から前半の熱気も冷め実際に気温も明らかに急降下という、自然とブルブルくるような後半のさらに後半においても、お兄ちゃんはアイス売りに歩き回り、そしてまた買うんだ、子供連れのおっさんから友達同士つるんで来ている若者から。このくそ寒いのにこいつらは一体何なんだと思いました。信じらんねーと思っている間にも目の前をアイスが飛ぶ。そう、袋に入ったやつを売り子のお兄ちゃんはぶん投げて渡すというわけ。今改めて振り返ると、代金はどうやって渡していたのかが謎なんだが。

そのときよーくわかったのは、イタリア人はほんとーにアイスが好きなんだということと、アイスでいいんだと、つまりジェラートに限定してのことじゃないんだということ。自分が生まれて初めてジェラートなるものを口にしたときは、アイスともソフトクリームとも別物の食感に異文化との遭遇を感じ、その後にイタリアでは紳士も…というさきに書いたエピソードを聞き、あのジェラートならさもありなんと思ったが、そうじゃなかった。滑らかな口ざわりとほどよい甘さに鼻の粘膜をそそるいい香りのジェラートだからってわけじゃなかったんだ。投げてよこされる袋入りアイスで彼らは構わないんだ。もう本当に甘いもの好き。
「輝ける青春」でも、ごく前半の主役兄弟と2人にとってのヒロインとが通い合うものをつかみかけながら引き離される場面でアイスが登場。でもジェラートではない。スタジアムでの体験から何年たっただろう、改めてジェラートに限ることではないことを確認した次第だ。

雪の舞う寒い中アイスをかじっていた彼、あなたはイタリア人の条件をかる〜くクリアしてます。恐れ入りましたっ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
食事の後のおすすめスイーツ
お腹いっぱいご飯を食べてもスイーツほしいッ!!甘いものは別腹ですよね〜。でも、美容の事を考えるとカロリーとか気になっちゃいます・・・ね(-_-;)そこで美味しいスイーツをご紹介!!その名も・・・・低カロリーでヘルシーな「匠ジェラート」。お勧めです... ...続きを見る
宝くじ情報@全国自治宝くじ館
2007/02/21 16:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おらがまちでイタリアーノ発見! ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる