ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣ける作家&作品 ピアソラ、「12モンキーズ」…

<<   作成日時 : 2006/01/23 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

眠れない夜、あるいは明日を迎えたくない、そんなときの友は「ラジオ深夜便」。ここのところは幸いにして毎夜スイッチを入れるという状況にはなかったのだが、その毎夜でなく聞いた中でリシャール・ガリアーノとヨー・ヨー・マの特集が放送された。そこに共通するのはアストル・ピアソラだ。

ピアソラの名前を初めて知ったのは「12モンキーズ」。朝一番の上映だったため開場と上映開始に結構時間的余裕があったのだが、その間ずっと流れていたのは「12…」のオープニングテーマとピアソラについての解説だった。そのときはなあんにも知るよしもなく、「そそる音楽だねぇ」とか「もう亡くなっちゃっているんだ」ぐらいにしか受け止めなかったが、本編を見終わったときには「12モンキーズ」という作品への個人的思い入れとともにそのオープニングの旋律はこちらに深く深く刻まれることになる。
「12モンキーズ」は個人的に泣ける映画だ。WOWWOWさんのご配慮により「ラ・ジュテ」を見ることができた。その掌編のエッセンスだけで十分泣けるのだが、T・ギリアムの才能と“子役に食われない俳優”B・ウィリスの存在でやたら切ない作品に仕上がっている。しかも、「12…」を語るに欠かせないのはヒッチコックへのオマージュという要素だが、私の好きな映画・表1位の「めまい」中の隠喩的に重要なシーンがそのまんま使われているかと思えば、何と裏1位の「マーニー」での印象的・象徴的なあることが「12…」では、あくまで個人的な鑑賞・感傷においてだけど重大な仕掛けになっている。この仕掛けにゃ正直びっくりした。物語そのものの哀感はもちろん、B・ピットの怪・快演と、ここでは「何て変な顔なんだろう」としか思えなかったけれど後に何だか大好きになるD・モースの存在感、そして文句なしのM・ストウの強さと美しさ、「12モンキーズ」は実に感慨深い作品だ。

後でわかったことだが、もっと前に私はピアソラの音楽と出会っていた。「ラテン・アメリカ/光と影の詩」だ。そのときたしかミニシアターで南米映画特集みたいなのをやっていたんじゃないか。そこで私は自分にとっての現実的最高作たる「豚と天国」に出会う。「豚と天国」は、“この作品を見ることができて本当によかった”と思える人はそう思う大々傑作だ。その次の週の公開作品として見に行ったのが「ラテン・アメリカ…」。内容の切なさは言うまでもないことだが、スクリーンを見ながら私は「何ていい音楽なんだろう」と思っていた。「12…」でピアソラの名前を知り、「ラテン・アメリカ…」が彼の音楽だったとわかり“ああ、なるほど”と合点がいったものだ。「輝ける青春」でピアソラが流れてきたときには、監督のうまさでただでさえストーリーの運びそのもので胸がいっぱいってのにピアソラとは、ずるーいと思ったほどだ。
「輝ける…」で結婚式のパーティーの場面で大好きな「ブルームーン」が流れてきたのにはおぉっっと思ったが、伊映画ということもあり、ピアソラを使うと同時に何で「天国の日々」「みんな元気」のエンニオ・モリコーネを持ってこないかねとも思ってしまった。モリコーネとピアソラ、双方とも聞く者の琴線を揺すぶって余りある作家だが、前者は「愛」で、後者は「哀」で人をいっぱいにさせる気がする。モリコーネが映像作品に合わせてすばらしい楽曲をつくれる職人なら、ピアソラは後の他者による映像をも自身の作品で導いていけてしまう天才なのかも。

まとまりのない記事になってしまったが、深夜のラジオからピアソラを想起し、そこから「12モンキーズ」、ヒッチコック、心に深く刻まれたラテンアメリカ映画等々思いが至るままに記した次第で、ここに書いた作品、作家については、どんな人に対しても接する機会があればぜひ接していただきたいと願うものばかり。この記事が、だれかにとって未見の作品、作家について知るきっかけになることがあれば本当に幸いというものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
12モンキーズ
またまた映画について 「12モンキーズ」 奇才、T・ギリアム監督作品っ 人類を滅ぼすウィルスの謎を探るためにタイムスリップして....みたいなストーリーなんですけども、まぁストーリー説明はおいといて個人的にこの映画が素敵だと思える瞬間を.... 高速道路をCG.. ...続きを見る
THE 32ND OF DECEMBER
2006/02/07 19:41
ブラッド・ピッド出演のDVD
私は、映画「12モンキーズ」を見た時、おサルさんのようで、かわいい顔をしたブラッド・ピットを好きになりました。「ハンサムだ」という人もいるけれど、それほどきれいな顔というわけではないと思います。「12モンキーズ」では... ...続きを見る
ファッション通販 いいものみつけた!
2007/01/10 19:44
【映画】12モンキーズ
大ヒット作なのに、初めてみたよ。 ...続きを見る
那覇TekTek
2008/02/23 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ピアソラですか・・・「3001年へのプレリュード」とか書いた方ですか?
「鏡の中のつばめ」とか。
N郎♪
URL
2008/02/27 01:13
そうですね……って、私、インストでないピアソラ作品って聴いたことないので、今度聴いてみようと思います。
ぐれた
2008/02/29 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
泣ける作家&作品 ピアソラ、「12モンキーズ」… ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる