ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 大変だ!「笑点」  円楽さん倒れる

<<   作成日時 : 2005/10/14 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 1

何てこった、円楽さんが脳梗塞で倒れてしまった。私の大切な癒しである「笑点」の司会はレギュラーらが務めるということだが、それはすなわち大喜利メンバーが、当分は持ち回りにせよ誰か1人司会に回るってことでしょう。こん平さんのお休みが長期になるとわかってからはもう覚悟を決め、たい平の滝口順平ネタに山田いじり、外国人客引きネタにもそれなりに“安定”を覚えてきた。私は今の大喜利には正直満足している。それぞれのキャラがしっかり確立されていて、安心して楽しめる。なのに、そのうちの1人が司会に回っちゃうのはなぁ、もったいないなぁ。
というか、いずれは誰かが司会となるしかないだろう。レギュラーからとなったら、格付からしたら歌丸さんってことになるが、いやいや、“毛”ネタに“もうすぐ死にそう”ネタからふじこさんネタ、そしてなんといってもvs楽太郎と、いじられ役にしてもいじり役にしても、そしてもちろん伝統にのっとった全うな噺家としての存在としても、歌丸師匠にはまだまだ回答者でいてほしい。そのネタの多彩さからして、司会者として鎮座させるには早過ぎる、もったいなさ過ぎる。小遊三にしても好楽にしても同様だ。(何でここで木久ちゃんが出てこないかな)

じゃあ往年の「噺家横町」で経験を積んでいるということで小三治さんに登場願っちゃおうか。悪くはないんじゃないかとは思うが。今さら談志というのもなんだろうし。円蔵みたいな自分を“消せない”タイプは司会には向かない。こんなとき柳昇がいればなあと思ってしまうな。彼ならなあ、な〜んかのほほんとこなせる気がする。関西系はご登場願えないんでしょ。三枝や「笑百科」の仁鶴師匠なら安心して任せられると思うが。

何でこうごちゃごちゃ心配しているか、それは、レギュラーから司会が出るとしたら大喜利回答者にあきが生じてしまうからだ。どんなに芸達者でも大喜利メンバーたり得るのは噺家という当然の基本をよもや曲げることはないでしょうね。まさか山田隆夫を…てなことを考えるのは私の杞憂よね。幾らそれなりにしゃしゃり出ることを許されているからといって、けじめはけじめだ。
うーむ、癒しの存在が一変して心配事になってしまった。何はともあれ当分推移を見守るしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
円楽さん倒れる。笑点ピンチ。
三遊亭円楽さん倒れる「意識はしっかり」 (夕刊フジ) - goo ニュース ...続きを見る
玉子王子の社長室
2005/10/14 23:10
あと、小円遊さん…<笑点の円楽さん倒れる>
三遊亭円楽さん倒れる「意識はしっかり」 Excite エキサイト : 芸能ニュース ...続きを見る
風信子石
2005/10/15 00:20
・三遊亭円楽さん倒れる
三遊亭円楽さんのお話です。 「笑点」(日本テレビ系、日曜夕方)の司会でお馴染みの、三遊亭円楽さん(72だそうです)が、今月初め、脳梗塞(こうそく)の疑いで倒れ、都内の病院に緊急入院していることが今日10月14日にわかったそうです。現在の所、病状は落ち着いてい.... ...続きを見る
たまちゃんのてーげー日記
2005/10/15 12:00
三遊亭円楽師匠の快復をお祈りいたします。
今日の芸能ニュースフラッシュで、落語家の大御所、三遊亭円楽師匠が脳梗塞の疑いで入院されたと報じていました。元々師匠は腎臓も患っていて、定期的に人工透析も受けられているというお話を以前聞いた記憶があります。 お顔を拝見すると私の父に良く似ているんですよね。.... ...続きを見る
The South Tokyo Morn...
2005/10/16 00:47
脳梗塞治療
脳梗塞の治療のポイントは以下の3点といわれている。@急性期治療;早期診断・治療による最小限化A残存機能を最大限にいかすリハビリテーションB再発予防;危険因子の管理と予防薬による治療脳梗塞の検査としては、CT、MRI(特に拡散強調像)、MRA等が必要で、血管がつまったか、梗塞の領域や範囲はどれくらいかが診断できる。血管がつまった場合はさらに脳血管撮影や(ゼノン吸入による)脳血流検査が必要になる。採血、心臓や頚動脈の超音波検査、心電図等の基本的検査を行って、治療に取りかかる。神経... ...続きを見る
脳梗塞を学ぶサイト 脳梗塞の情報を提供し...
2007/03/03 19:10
右下半身麻痺が驚く程回復した方法
TB失礼します。半身麻痺でお悩みの方へ。脳卒中、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害等で倒れ、手術後、後遺症である麻痺でお悩みの方に朗報です。程度にもよりますが、この方法を実行することにより、驚くほど回復された方がいらっしゃいます。内容を確認しましたが、科学的にも納得の出来る方法であり、何よりも、とても簡単な、ある方法をコツコツと実行するだけです。実際、麻痺は辛いものですが、ほっておいて良くなるものではありません。このマニュアルを入手され、すぐ実行を開始することをおすすめします。後... ...続きを見る
お役立ち生活情報
2007/03/12 02:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバック&コメントありがとうございました。
ぐれたさんのお父様も大変でしたね。お見舞い申し上げます。
私の父は昭島に住んでいた父の実姉がこの8月に80歳で亡くなったのですが、その通夜と葬儀で自宅のある大田区と昭島を往復していたところ、心労と暑さによる疲労で右半身に麻痺を覚えて入院しました。70歳を過ぎてからは肺や内臓の病気で毎年のように入院、手術を繰り返しており、やはり体(背中)が小さく見えるようになりました。今は周りの者が気力を衰えさせないように気をつけているところです。
さて、今日の笑点はどうなるんでしょうね。
VANILLA
2005/10/16 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
大変だ!「笑点」  円楽さん倒れる ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる