ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS コット、9月24日に防衛戦

<<   作成日時 : 2005/09/10 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

相手はリカルド・トーレスとのことだが(情報ありがとうございます!)、私の予想もコット勝利。
ただ、コットに対しては「どんな試合も楽しませてもらいたい(いろんな意味で)」という一ファンの基本姿勢しかいまだ持てないでいる私としては、そうだなぁ、2RまでにコットのKOがなければそれなりにもつれ(てもらって)、……6RKOかな。速攻撃沈が見られないなら6Rぐらいまでファイトを見たいもんだというそれだけの理由。

ボクシング選手として自身が魅せられたら、上述の「どんな試合も…」なんてこれっぽっちも思いもしないさ。もう1秒でも1分でも早く相手を倒してくれ!、その一念のみ。デラ・ホーヤとかチューとか、そういうタイプじゃないんだけどガッティとかね。古くはルエラス兄弟とか。浜田氏もそうだったんだ。逆のケースもある。その選手が強いことはよーくわかっているから、相手選手には1秒1分でも長く立っていてほしいというパターン。ハメドが代表格。今は昔の話となったとはいえ、後にも先にも彼を“しのぐ”輩って現れるだろうか。ホリフィールドとレノックス・ルイス。どっちも好きなんだけど、無理無理分けるとしたら、どこか野茂似のルイスが前者で、耳をかじられ悶絶姿を披露した後も何だか威圧感に重鎮感まで備わっちゃっているホリフィールドが後者かなぁ。いや、それはこじつけ。2人とも本当に偉大な選手。

リカルドといったらリカルド・ロペス。彼こそ私にとっては「また勝利の勇姿を見せてくれよ!」という選手だった。こういったら“日本人好み”でくくられて終わっちゃうのかもしれないけれども、真面目さと謙虚さを併せ持った強さには人間としての尊敬すら感じられないか?私はまだ彼の系譜を継ぐ存在を見つけかねている。お勧めの選手を紹介いただけたらうれしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミゲール・コットがリカルド・トーレスと防衛戦へ
WBO S ライト級王者のミゲール・コット(24)[24戦24勝(20KO)無 ...続きを見る
■■:: NO 3 KNOCK DOWN...
2005/09/10 20:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コット、9月24日に防衛戦 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる