ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョージ・クルーニー≒高松英郎(?!)

<<   作成日時 : 2005/05/15 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

阪神vs楽天をNHKのBSで見る。
球審は渡真利だ。それだけで「おおっ」っと思える私はある意味幸せ者かも。観戦ポイントがより多く存在するという意味で。選手として入団しながら審判へと転身した渡真利克則。彼が審判として一人前に活躍し始めたのはもう随分前なのだから今さらこっちが感慨にふけることはないのだが、プロ野球中継を横目でなく見たのは結構久しぶりだったので、改めて“記憶が走馬灯のように駆け巡った”というわけ。なぜなら、彼がルーキーとして第一歩を踏み出したのは阪神なのだから。選手として十分活躍するに至らなかった彼は、何と審判という新たな道を歩み出す。プロ野球の審判というただでさえ険しい道に、同じギョーカイ、プロ選手として関与していた者がチャレンジするということは、あらゆる意味で、特に精神的に厳しいものだったのではないかと想像する。下手に知った面々の中、しかもそれまでは、ジャッジの上ではいざ知らず、脚光を浴びるという点ではよりメジャーな位置にいた者がそれよりマイナーと見られるポジションに自身の生きる道を求めるというのは、なかなかできることではないと思う。が、それを見事やってのけた渡真利。私は彼に満腔の敬意を表する。そして、彼の場合は同じプロ野球という土俵で“その後”に接することができるから私もそういう表現を彼に対してでき得るが、選手として開花できなくとも別の道で充実した人生を送っている面々は多くいることだろう。そのような“彼ら”に対しても同様にエールを送りたい。

で、タイトルのことにやっと入れる。私の記憶に違いがなければ渡真利は沖縄出身。柴 俊夫似の濃〜い顔が特徴。きょうしばらくぶりにまともに見て一瞬“あれ、ジョージ・クルーニー入ってる?”と思った。うん、確かに入ってる、入ってる。でもそれはMAXというか一番好意的に見た場合であって、何か違う、もうちょっと“安い”じゃないけど身近な存在で似た感じを目にしたことがある……と終始考えた末、ある結論にたどり着く。あぁそうだ、今は亡き高松英郎だ!、アンパイアのマスクごしに見えるその目のまわりの雰囲気は確実に高松英郎でした。ということはジョージ・クルーニーと高松英郎は似てるってこと?
正直私は否定しきれませ〜ん。目の周囲以外はともかく、その眼差し、3人つなげられる。いいんじゃないですか、渡真利克則にジョージ・クルーニー、高松英郎、いずれも印象的なマスクの持ち主ということで、他者の記憶に残ってしかるべき個性を生まれながらに授かっているということだ。私がここでどんなに言い張っても3人にゃ全く痛くも痒くもないだろうからきちんと結論づけましょう。渡真利克則とジョージ・クルーニーと高松英郎はその目が似てるってことでトライアングルをつくれます!

それにしても阪神の能見は整った顔立ちだな。どんな奴でも何となくそれなりにオシャレにしてるJリーガーと違って、野球選手ってのは昔と変わらないようだ、新庄登場後も。そうなるとやっぱりその人物そのものの端整さってのはもろに我々に提示されるわけで、“兄貴”金本の頼りがいのあるつらがまえや矢野の求道者のようにいつでも悩んでる(昔は怒ってるとしか思えなかった私だけどね)ような雰囲気、桧山の即「探偵!ナイトスクープ」のレギュラーになれますって親しみやすさもいいが、ほんのすこーしだけど私に赤影を思わせる能見の顔立ちはちょっとばかし要チェックかな、個人的に。
今日の試合は6回まではほんとに楽しめた。久々のプロ野球観戦も悪くなかった。私はどのスポーツも共存共栄がベストと考えている、というか、スポーツ観戦に楽しさを覚える者にとっては、別にどの競技はアリでどれはナシということはないと思っていて、どの競技がより観客を「おもしろい」と思わせられるかにかかっていると考えている。つまりは、Jリーグのおもしろさが以前ほどではなく、交流戦のおもしろさが新たに認識されている今がプロ野球の巻き返しどきであろうということだ。そして、男子Vリーグの低迷で如実にあらわされているように、いわば仲間うちでのイチバン争いではいかんともしがたい。それではどうしようもないんだ。個々の選手それぞれのレベルアップに裏打ちされた全体の向上をだれしもが望んでいる。スポーツに楽しみを見出せる者には皆わかっていることだろうが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョージ・クルーニー≒高松英郎(?!) ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる