ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS オーディド・フェールいいよねぇ

<<   作成日時 : 2005/04/26 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと遅くなりましたが、先日の「ハムナプトラ2」に関して。
愛すべきおばか映画ほど大画面で見ようというのは、「MIB」シリーズ、「マッハ!!!!(これは私にとっちゃ決しておばか映画じゃないのだが)」、そしてまさに「ハムナプトラ」シリーズに当てはまる。ついでに「スコーピオン・キング」もね。やっぱ大スクリーンでこそ楽しめるものと、ミニシアターならではという作品それぞれのポジションってものは確実にあるものだ。それでも、お手軽TVでの吹き替え版っていうもの、疲れた体にはありがたいもの。
で、「ハムナプトラ」シリーズ。ストーリー自体おもしろいよ。何の屈託もなく楽しめるサイコーのエンターテインメント。W・ワイズはインテリぶりながらも実は超大胆というキャラを魅力的に演じているし、ブレンダン・フレイザー(今何してんの?)のワイルドさは十分楽しめる。スキンヘッドのアーノルド・ボスルーもかなりいいぞ。彼ってこういう役以外に何が回ってくるだろうと思っていたら、WOWOW放送のTVシリーズ「レッドフォン」では何とセクシーハゲキャラを担当していた。またそれが合っていることにオドロキ。「レッドフォン」、シリーズったって2回しか放映されていないが、2回ともおもしろかった。次回以降の放映を希望する!
肝心の「ハムナプトラ」。恐らく多くの女性ファンも同様だろうが、この作品を見る一番の要因はオーディド・フェールの魅力にほかならない。髪を短くした現代もののクライムシリーズではかなり印象の異なる彼だが、ま、そんなことは問題にならないほど「ハムナプトラ」2作におけるアーデス役は余りにもはまり過ぎ!思わずうっとりするほどの美しさ。そして砂漠の民の長としての勇気と尊厳に満ちたキャラ設定。おいし過ぎるぜ!でも、それがぴったりくるから大したものだ。すばらしい。

今回のオンエアで驚いたのは、ジョン・ハナーの声がバイキンマン・中尾隆聖から水島裕にかわっていたことだ。あぁ、中尾隆聖、もはや人間役のオファーはなくなってしまったか。実はJ・ハナーについては「検死医マッカラム」の方を先に知っていたので、そこではやたらシリアスな彼が何でこんな三枚目もいいとこの役を演じなくちゃならないんだとあきれたものだが、それはそれとしても中尾氏の声になれつつあった私としては、正直「えぇ〜、なんでぇ〜」という感じは禁じ得なかった。まぁいろいろあるんでしょう。えぇと、「新スパイ大作戦」のニコラス役の中尾氏と、(全然脈絡ないけど)オーディド・フェールの今後の活躍を願ってやまない私です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーディド・フェールいいよねぇ ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる