ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィリアム・フォーサイス

<<   作成日時 : 2005/03/05 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウィリアム・フォーサイスだ。今晩の「ザ・ロック」にも出演。
ウィリアム・フォーサイスだぞ。フレデリックでもなければジョン(父親だ)でもない。スティーブンでもなければビルでもない。同名のダンサーでもない。
俳優ウィリアム・フォーサイスといって一体どれだけの人がわかるのかな。トム・サイズモアとどっちが認知度高いかな。ビル・デュークには負けるだろうなぁ。脇で結構出てるみたいだから、ほんの一握りのマニアにしか知られていないんじゃないかしらという私の“心配”は無用だろうが。

彼を初めて見たのは「アウト・フォー・ジャスティス」。沈黙シリーズで舞い上がってしまう前のスティーブン・セガール主演の傑作だ。幼なじみだけど、マフィアとして悪の限りを尽くすフォーサイスと警官となったセガールの対立。この作品でのフォーサイスの憎々しさといったら特筆ものだ。ブタ(ブタさん、ごめんね)のように太り、人を殺すことに何の感情も持たない。チョイ役のジュリアナ・マルグリースも彼の暴力にはあきらめ切っている。セガール、早くめためたにやっつけてくれよ〜と思わずお願いしちゃうくらいの嫌な奴。
ところがだ、しばらくしてから再会したときの彼は「病気だったの?」とマジで思うほどすっかりやせていた。しかも、警察側だか政府側のエージェントなんつう「アウト…」からは考えられない役で、同一人物であるか疑ってしまったほど。ホントに病気じゃなかったの?元気だったの?
そのままの体型だったり役回りであったら「アウト…」のあのチョーやな奴で終わって興味を抱くこともなかったろうが、もうそういうわけにはいかない。またこの後彼がどんなふうになっていくのか見届けなくてはこちらの沽券にかかわるというものだ。(何だそれ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィリアム・フォーサイス ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる