ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛の女王蜂」

<<   作成日時 : 2005/02/19 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

任天堂のアナザーコードの探偵編のCM、市川 崑(はともかく)と大野雄二に著作権料を支払うべきじゃないか。知ってる者からすればかなり似てるぞ。

遅まきながらキングレコードの「金田一耕助の冒険」にて、映画とTVにかかわる横溝ワールドの音楽に触れる。
幼かった私は、映画そのものには魅せられても塚田三喜夫の「愛の女王蜂」についてはまるで知らない。(「五月のバラ」も知らないの。チェックしなくちゃね)だから、「女王蜂」のサントラの解説で、三木たかしによる「愛の〜」のメロディを智子のテーマとして作品中で生かさなければならなかった映画音楽担当としての田辺信一の困難の記述についても、「そりゃそうだろうねぇ。ギョーカイのしがらみってキツイもんね」としか思っていなかったのだが、今回「愛の〜」を聞いて仰天した!!だって、著作権上当たり前だけれどもメロディそのまんま使わなくちゃいけないんだもの。ホントにそのままだもの。(しかし「ミステリアス・クイーン」というリフレインはいかがなものか。松本 隆、残念!)よくぞ田辺は他人の手による曲を映画作品中の一要素としてここまで組み込ませることができたものだ。今更ながらだが心からの敬意と賛辞を贈りたい。それでなくとも、大野雄二、村井邦彦のあとを受けての抜擢は少なからぬ重責だったことだろう。シリーズものの運命、前者のテイストを引き継ぎつつ新たなる魅力を生み出すという作業は、コンポーザーとして、クリエイターとして、力の見せどころではあったろうが、“血の滲む”思いだったんじゃないか。

「女王蜂」では、ヒッチコックのイーディス・ヘッドならず、私はこの作品の衣装担当者のセンスに非常に興味がある。長島重夫という人なのか。「犬神家の一族」「火の鳥」「病院坂の首縊りの家」も担当しているのか。大納得。その他のプロフィールがわからないってところもまたミステリアスだが。着物に関しては着物会社との協力としても、智子に着せた、乗馬シーン等のカジュアルなスタイル、そして黄色の花柄の七部袖や上品な鉄色のアンティークなワンピース、見事だ。「犬神家…」の島田陽子の臙脂色というか紫色の着物をも凌ぐ素晴らしい衣装。高峰三枝子、司 葉子、そして岸 恵子の衣装を見るだけでも価値があるぞ。
そして、この作品においては中島久之に石田・ミラーマン・信之、そして佐々木 剛にもお目にかかれるのだから。やっぱり私にとってはいろいろな意味で“原点”たる「女王蜂」なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
女王蜂の歌詞を探しています なかなかないですね
あき
2011/08/11 19:30
私も探してみましたが……ないですね。
文中の「金田一耕助の冒険」はアマゾンでも取り扱っているので、もし興味がおありでしたら。ボーナストラックは文字どおりボーナスだと思います♪
ぐれた
2011/08/13 20:22

歌詞探して下さいましてありがとうございます

あのトラックは

うれしいですね

幻のひとの歌詞や曲

金田一さんが

浮かびますよね


あき
2011/08/18 17:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「愛の女王蜂」 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる