ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「告白的女優論」から必殺!へ

<<   作成日時 : 2004/11/23 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「告白的女優論」、見ました。
冒頭から数分の「浅丘ルリ子」と出る直前の彼女のモノローグ、
一瞬そのまま引用したのではないかと思うぐらい、福永武彦の「世界の終わり」のヒロインのそれに似ていました。あの短編を映像化というか音声化したら、まさにこんな感じになるのではと思いました。
「世界の…」のモノローグはなぜあんなに美しいのでしょうか。ヒロインの孤独感、疎外感からくる透明感によるところもあるでしょうし、彼女の”見て”いる風景の終末的な美そのものもあるでしょう。そして、彼女がどんなに”こわれて”いっても変わることのない、もう一人の主人公、夫への愛が読む者をして美しいと感じさせるのではないかと思います。
どうして福永は現実と折り合いをつけづらくなった女性をあのように見事に描けたのか、素直に不思議だと思ってしまいます。それが作家というものだといわれればそれまでですが、この作品のただならぬ(普通じゃないという意味も込めて)繊細さには心を打たれます。この世の終わりの訪れを自分一人だけが知っている、大切な夫を滅びゆくこの世に残して自分だけ終末の風景を見ることができてしまう、その底知れない淋しさと恐ろしさをヒロインとともに感じさせられて、この世にいることに耐えられなくなってしまいます。

「告白的…」は脇も豪華な顔ぶれ。
一言しゃべるのを聞いて”何かうまいな”と思ったら太地喜和子だったりして。

菅貫太郎が出演しているのにはびっくりしましたね〜。菅貫太郎といえば、まずテレビの時代劇のものすごくいや〜な悪役のイメージですもの。あの粘着質の鳥肌が立つような悪人ぶりといったら、必殺!シリーズには欠かせない役者でした。”うらみを晴らされて当然”、視聴者にそう思わせるのはしっかりとした演技力のなせるわざだったのね。

必殺!シリーズは、全てのシリーズを見ることは残念ながらできていませんが、私の見た範囲では「仕置人」が最もおもしろいです。山崎努がメーンで主水は脇。後のコミカルな演出はまだ生まれてこず、泥棒長屋でも家でもシリアス。”中村さんっ”のセリフが印象的な三田村邦彦が出ていたころから入った私にとっては目が洗われる思い、といっても言い過ぎじゃありません。
そして沖雅也、いいです。ほかのシリーズでもその美貌を見せてくれる彼ですが、「仕置人」でのワイルドさは、「太陽にほえろ」でのキザっぽさでむしろ嫌っていた私をも魅了してくれます。ホントに魅力的。ゲストでは、今では悪役なんてちょっと考えられない大滝秀治(善人顔の悪人は本当にコワイ)、モロボシダンの森次晃嗣(当時は浩司)などが印象的。林ゆたかが出ていた回、おもしろかったなぁ。ラストの歌もいいです。
再放送と学校の夏休みが重なって見ることができたのでした。今はビデオやDVDの普及でそう簡単に再放送してくれませんよね、残念なことだと思います。「太陽にほえろ」は再放送と当時リアルタイムの放送の相乗効果は絶対にあった(私の地方ではですが。ちなみノ、リアルタイムというのはテキサスのころ。古っ!!)と思います。金曜はだから1日2回でしたよ。そっか、今の子供は忙しくて夕食前のテレビタイムなんてないか……。せめて、私が「スタートレック」「スパイ大作戦」「スペース1999」で世界を広げられたように、海外物ぐらいは楽しませてあげたいですね。

映画の話に戻って
主役の3人の女優プラスその周囲の女性に比して、男性のキャラ設定はえらく貧弱にしており、物足りない(「秋津温泉」にいたってはこりゃ…)。でも、”映画女優(スター)”という今では存在確認不可能なものを、このようにたっぷりと描けた監督は幸せでしょうね。そういう時代があったということをうらやましく思ったりします、つくる側じゃなくて見せてもらう側として。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「告白的女優論」から必殺!へ ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる