ぐれた

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月21日テレビ観戦記

  作成日時 : 2004/11/22 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きのうは、マラソンとVリーグとのザッピングをしてしまいました。

ジェノベーゼ、追い込みすごかったですね。東洋人には真似のできない迫力でした。
それにしても、あるんですね、こういう名字。以前、セリエAでミラネーゼとかイタリアーノという名前に”へえーっ”と思ったことがありましたが、ジェノババージョンもあるんですね。
ベントラもベンチレーターのことだと特別解説者のアンジェロさんが言ってましたっけ。(彼はとうとう芽を出すことがありませんでしたね)そう、ネルヴォも”えっ”っていう名前。
でも、何といってもテデスコです。これをこえるオドロキはありません!イタリア人でテデスコとはこれいかに!!!

Vリーグは今季初のテレビ観戦でした。
真鍋や南(兄)がまだ現役でいるのにはびっくり、かつ懐かしくて嬉しい気もしましたが、一番びっくりしたのは中垣内デス。まあ、何という転身ぶりでしょう!あのスーツ姿には驚かされました。いいとか悪いじゃなくて、あのただ者にはできそうにないコーディネ−ト、一体だれのお見立でしょう!?

そしてまたまたびっくり、堺のベンチに田中幹保氏がいるじゃありませんか。全日本でぼろぼろになって古巣へ戻ってきたのねと思いきや、ああ、後ろには植田の顔が。……かわいそうな植田。全日本の監督というだれもやりたくないであろう役目を背負った彼。いいかげん外国人を招聘すればいいのに、恐らくかつて金メダルに輝いた日本というプライドがひっかかっている人たちがいるのでしょうね、かろうじてコーチにイタリア人をもってくるという中途半端なやり方。植田を監督にするのは早過ぎます。もっと指導者として経験をさせてあげるべきです。結果が出なかったときつらい思いをするのは、ファンであり、選手自身であり、そして指導者としてはまだ若い植田。バレーボール男子の復活はまだ遠い……、という私の予想を見事裏切って、植田JAPANが世界と渡り合えることを祈っています。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11月21日テレビ観戦記 ぐれた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる